迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 K-1 World MAX 生観戦~ブアカーオの試合は八百長??

 本日(あ、もう昨日か)、初めて「K-1 World MAX」を生で観た!
格闘技もプロレスもすきなのだが、昨今心底観たい団体や大会が正直無い…。
その中でもK-1MAXは割とどの試合もひどいものは無いので、一度生で観たいと思っていた。
(ただ、何故か平日の18時スタートなのでなかなか行こうと思いつつ行けなかった。)


 今日も18時半過ぎに会場である武道館に到着。
場内に入るともうスーパーマッチのザンビディスvsクラウスをやっている。
席に座って、1~2分なのに両者とも手数が出ていて、やはり見ごたえを感じる。
 その後の試合もMAXの試合はどれも低いクォリティーのものはない。
K-1(ヘビー級)だと、「ひどくぁ無いけど、ん~、なんか今ひとつな…」という試合が続いて消化不良を起すのだが、MAXはそんな事はない。


 だが・・・。
2度優勝しているタイの選手ブアカーオ選手と打倒魔裟斗を売りにしている邦人ファイターの佐藤嘉洋選手の試合が大きく消化不良を起した。
 ブアカーオのファイトがいつもとちと違う気がする。
やがて、佐藤選手のストレートを顔に受けノックダウン。
うつ伏せに倒れてしばらく立てない。
 ブアカーオは打たれ強いし、野球で言えば松坂投手のように本調子でなければないなりに試合の中で立て直していくことが出来る選手なはず。
なのに、なのにだ、いいストレートだが、ブアカーオなら効いたとしてもノックダウンは無いレベルの攻撃だ。
 これは…。
プロレスに馴れ親しんだ私の個人的意見だが、この大会で佐藤選手が勝つと、念願の魔裟斗選手と闘うことができる。
興行的にも、“日本のエース”魔裟斗vs“打倒魔裟斗”の佐藤で盛り上がりが作れる。
 仕組まれた試合か??
結果同じことではあるが、佐藤が勝つ八百長ではなく、ブアカーオが負けることにしてある試合な気がする。
(恐らく、このことはブアカーオと主催者のごく一部しか知らないことで進めた話な気がする。)


 MAXも「なんだかなぁ~」と思うような試合が増えて、MAX自体「なんだかなぁ~」と思ってしまうようなことにはなって欲しくない。
2008 K-1 World MAX

スポンサーサイト

コメント

競技者の僕から言わせてもらうとフィニッシュの前のリバーへのヒザが完璧にキマったのだと思われます。

しかしたしかにブアカーオの戦い方は少しおかしかったですねえ
アッパーやヒザなど縦の攻撃をだしていった佐藤の研究の賜物ともいえる作戦勝ちなのかそれとも・・・
MAXまで八百長なんていやだなぁ
【2008/07/12 03:11】 URL | 佐藤 #0HMKsla6[ 編集]
コメントありがとうございます。
ご自身、やられている方のご意見ですので、そうなのかもしれませんね。
「いわくつきの試合」とか「謎の試合」とかが出来ると、次の展開もまた広がるので、今後のK-1MAXにはまた期待したいですね。
【2008/07/12 23:53】 URL | さむがい #QP.kfDjk[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。