迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット、-7.5kg その3「腹筋運動」

 まず最初に、今まで「ダイエット、-6.5kg」という表題が-7.5kgになってますが、昨日記録更新でさらに1kg減っていて最高60.5kgの体重が53kgまで落ちました。
もっともロードワーク直後、しかも汗を多めに出すために上半身もウェアを着て走った後というのもあるかと思いますが。


 腹筋運動について。
ごめんなさい!いきなりですが、これはきちんとしたものを定期的にはやっていなかったりするのですが…。
 ホント、気が向くととか、何かでシェイプアップとか腹筋とかの文字や映像などを見ると「あ、ちょっとやろう。」と気休め程度に腹筋運動をする。
 ただ、普段でも思い出すと、腹筋に力を入れるよう心がけている。
「ランニング&ウォーキング」時も腹筋に力を入れたり抜いたりすることもしばしば。


 以前、スポーツジムに通っていた時にインストラクターから、普段でも腹筋に力を入れる方法というかコツを教えてもらったので、それを思い出して実践してる。
 うまく説明できないのですが、
・腹というか腰を身体の後方に丸めるような感じでずらし腹筋に力を入れる。
 (多分、最初はイメージがつかめないと思いますが、一番いいのは、一度頑張って腹筋運動を
  思い切りやってみて下さい。
  翌日とか翌々日に腹筋が痛くなりますよね?その時に、普通に立ってたり座っていて
  どのように腹筋に力を入れると痛いかを確認してください。
  それが、通常時の腹筋に負荷を与える力の入れ方のコツとなります。)
・力を入れるときは「腹筋に負荷がかかってる」ことを意識する。
 (不思議なもので、「どこの筋肉に、今、負荷がかかっているか」を意識するとしてないとでは
  筋肉の鍛錬度がまったく違ってくるものなのです。)
・その際、指先で腹(腹筋)を押し、固くなっているかを確かめるように負荷をかけてみる。


 あと、手軽なところではダイニングでテーブルとイス、オフィスでデスクとイスなどに座っている時に腹筋に負荷を与えるやり方があるので紹介します。
・まず、普通にイスに座りテーブル(orデスク)に両肘をつけ、自分の顔をささえるように体重を両手にかける。
・その状態から両手から顔を上へ離しながら、腹筋に力を入れる。
 (コツとしては、ダラッとした感じから背筋をピンと伸ばすようなイメージ。
  また、腹筋に力が入りにくい時は腿を少し浮かせてみて、腹筋に力が入ることを実感&調節する
  と良いでしょう。)


 また、最近TVでよくみかける腰を動かしてインナーマッスルを鍛えて、30歳くらいにしか見えない40代後半のスリムな女性がいますが(すみません名前忘れました…。)、あの方の実践する方法もたまにやっています。
 その方法はいたって簡単。
まず立って肩幅に足を開き、その開いた足の幅を直径とした円を腰で描くようにまわす。
(フラフープをまわすような感じで。)
そして徐々にその円を大きくしていき、右回しと左回しを同数行なう、というもの。
 これは家で入浴前or後などについでに出来そうで良いと思います。


 とりあえず、そんな感じで無理せずに3ヶ月でマイナス7.5kg減に成功できました。
以上。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。