迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定申告

 昨日の話ですが、確定申告に行きました。


 恥ずかしながら、税金とか保険とか金融とか「金」と「お役所」的な分野は全く解らない。
3年ほど前に一度確定申告の経験はあったが、家族にそっちの話に多少明るい者がいたので、頼んで一緒に来てもらったほど。
 今回は平成19年の6月までが会社員、10月末からフリーで仕事がはじまった。
もうすでに手続きが面倒臭そうだと弱気になる。
 まずは、今の仕事には個人事業主としての申告が必要だった。
その申請を先週した。
ついでに税務相談所に行って一から教えてもらったところ、
昨年10月から始まった現在のフリーの仕事だが、申請をしたところ「青色申告」として平成19年度のフリー分の仕事は認められず今回の申告は白色申告になる。
(提出したタイミングが遅かった。~個人事業主としてスタートしてから2ヶ月以内にその届出を出さないと青色申告の対象にならないそうだ。そんなの聞いてねぇけど。苦笑)
住宅控除がデカいので、税源移譲となった地方税からの還付が可能ということで、その書類をもらい、手続きの仕方を教わった。
しかし、こちらの理解が間違っていたのかもしれないが、私の立場からしたら「嘘」を教えられていた…。
そのために後日、役所に無駄足も運んだ。
こういう事があると、ついお役所仕事を信用していいか疑問に思う。


 で、昨日の確定申告。
今は、役所(正確には税務署)もずいぶん丁寧に教えてくれて、且つこちらの必要書類も解らないところへはどんどん書き込んでくれた。
e-taxへの方法も親切に教えてくれた。
難なく終了!
 でも、先述の住民税からの住宅控除というイレギュラーな書類を出し忘れて、再度尋ねたら、たらいまわしに待ちぼうけ。。。
やはり、役所仕事を信じてはいけない!(苦笑)


 さて、これからは来年の確定申告用に日々、青色用の帳簿をつけないとならないが、これも先述の嘘を教わったところの説明を受けたが不安なので(笑)近日、青色申告会にでも行って教わらないとな。。。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。