迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・昔の海外アニメ万歳!~KRAZY KAT

 前回に続いて、昔の海外アニメの話。
東京育ちの私にとって、夕方の6時代は個人的にゴールデンタイムでした。
アニメの再放送が多く、子供ながらに「懐かしさ」を感じていたような気がします。
夜7時台のリアルタイム放送の番組はアニメでも翌日に学校で話題にしたりもしますが、
6時代のアニメは話題にもなりませんでした。
今思えば、きっと友達でも、その時間のアニメを見てる派と見ていない派にわかれていたのでしょう。
 当時は、6:00~6:30は日本の有名な子供番組の再放送を各局(全局ではないと思いますが)でやっていて、4チャン(日本テレビ)は「巨人の星」などのスポ根もの、6チャン(TBS)はウルトラもの、8チャンは「ゲゲゲの鬼太郎」など、を放送していたような気が…。
 そして、6:30~7:00までのファジーなゾーン。
先述スレッドで書いたように12チャン(現:テレビ東京)で「まんがキッドボックス」、「まんがのくに」で海外のB級アニメ(?)が多く放送されていました。
 B級などと書いてますが、ハンナ・バーベラものもその前はNET(現:テレビ朝日)のゴールデンタイムに放送されてもいました。
またB級と思えるのは、当時よりさらに古いアニメ・フィルムを安く入手していたのでしょう。
動きや色合いは、子供ながらにも当時の日本アニメより拙く思いました。
 おそらく1940~50年代のフィルムが多かったのでしょう。


 その枠では、先述スレッドで紹介したハンナ・バーベラもの以外も多くありました。
有名どころでは「ポパイ」や「ディック・トレイシー」など、「ピンクパンサー」もあったかなぁ~。
 そして自分の中では超B級に思えたのが「クレイジー・キャット」(?)。
(原題「KRAZY KAT」といいます。)
「トムとジェリー」とほぼ一緒で、仲が良いのか悪いのかわからない猫とネズミのドタバタ喜劇。
しかし、調べたらこの原作は1910年代に作られたようで、むしろ「トムとジェリー」がパクったようなものでした。(笑)
 出てくるネズミが何故か腕と脚が「線」で書かれているだけ。
でもって、そのネズミがすぐにレンガを投げつけるというキレ・キャラ!
子供心にも「変なマンガ」と思いながら見てました。
クレイジー・キャット

「クレイジー・キャット」


 他にもいろいろありました。
覚えてる方いますか?
キングコング

「キングコング」

ヘッケルとジャッケル

「ヘッケルとジャッケル」

マイティ・ハーキュリー

「マイティ・ハーキュリー」

かんばれマグー

「がんばれマグー」

新兵ベイリー

「新兵ベイリー」

ゆかいなペンギン チリー・ウィリー

「ゆかいなペンギン チリー・ウィリー」

マイティ・マウス

「マイティ・マウス」


以下タイトルが正しいか自信が無いですが…。
ウルトラわんちゃん(?)

「ウルトラわんちゃん」

タキシード・ペンギン

「タキシード・ペンギン」

宇宙ライダー

「宇宙ライダー」?「スーパーキャット」?

インディアン・ゴーファー

「インディアン・ゴ-ファー」

わんわん保安官

「わんわん保安官」



以下はタイトル思い出せない…。
誰か知ってる方、教えて下さーい!!
思い出せない…①

思い出せない…②


以下調べたら判明!(2/28 23:25)
思い出せない…③

「まんがの王様レオナード」

思い出せない…④

「ジェットのロジャー」




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。