迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「痔ろう退院後記」⑯~あれから半年経ちました。

 痔ろうネタ…久々に書きます。
昨年の12/16にちょろっと書いてから、このネタ取り上げてませんでした。
取り上げなかったのはぶっちゃけ特筆すべき事がなかったから…。


 思えばこのブログをはじめるにあたって、幾つかの動機があってはじめたのだが、そのうちのひとつが「痔ろう手術」!
 まさか自分の人生に「痔ろう」が現れるなんて思いもしなかった。
しかも!人生「初手術」と「初入院」が痔ろうなのも想像しなかった。


 昨年の8月に手術してから半年が経ちました。
もちろん、術後に比べれば良くなりました。
でも、まだなんです。
完全に元通りに戻ったかというと、まだそこまでいってません。
 私の場合、肛門後部にできた痔ろうをレーザーメスで切開し、そのまま切り取った感じです。
(その1ヶ月後くらいの患部画像は「痔ろう退院後記⑤」2007年10/1アップにあります。
興味と勇気のある方はチェックしてみて下さい。)
 今も、12月6日アップの「痔ろう退院後記⑬」に書いたのとさほど変わらず。
表面皮膚がくっついてはいるが、何か「ピリッ」とした痛みが残っているのと、特に深く切り取った部分だけは黒ずんだ皮膚になっている。


 通常の生活に特別困ることは何も無いが、落ち着かないのも事実。
何故なら、たまに違和感というかさほど痛くない程度の「痛み」(前述の「ピリッ」とした痛み)を感じると、気の小さい私は、プチ・ブルーが入るのです…。
 なので多少痛みが気になる時は、以前貰った強力ポステリザン軟膏というのをちょびっとづつ塗って凌いでいる。


 元通りになるにはまだまだ時間がかかるのか?それとも、現状が最終地点なのか?
やはり厄介ですよ、「痔ろう」は!


 続く。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。