迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患い話

 またコメントいただきました。
モモさん、ありがとうございます&著書の更なるヒットを願っております。





 それにしても、年齢を重ねると思いもしないところや思いもしないタイミングで患ってくるんですね…。
 ここんとこ、たまに書いてますが、まずは「鍼治療」の話。
最初は腰痛で通ったのですが、腰は徐々に痛みが少なくなっている。
しかし、前に病院に通院した際も、このくらいの軽減はあったので、安心までは行かない。
 それより、右肩がここんとこどんどん痛みが増していったのです。
鍼の先生曰く、肩の筋肉がおかしくなっているのではなく、長年の姿勢の悪さ、ズレによって生じた肩周りの動きが、肩関節つまり骨と骨と接続部に歪みを起したことでこの「痛さ」になった可能性があると言う。
 前に、擬似リウマチ病のような身体全身に痛みが生じ、軽い歩行困難までになった事がありました。
その後くらいから痛みだしたんだっけかな…この肩。
 で、病院では加齢のせいで関節にある軟骨が少し減って、たまたま動かすと痛みを感じるのでは?というような説明でコラーゲン注射を5度に渡り打った。(5度までしか打てないそうだ。)
 その後、だましだましでここまでやってきたが、実はここ1ヶ月くらいどうにも右肩が痛い…。


 それはまだ治しにいけるが、先週はもうひとつ「痛い」事があった!
な、なんと!シモに「おでき」が出来て腫れてきたのだ…!
実は…もうかなり前からシモに小~さなニキビのような「プチッ」とした出来物があることには気がついていた。
 その場所が、いわゆるですね、肛門の真上から玉袋の縫い目部分の線上につながるところ。真っ直ぐ立って頭のてっぺんの対極の位置(北と南って感じ…?)に出来ていた。
でも、痛くもないのでそのまましていたら、気がつけば何か痛みを感じ、まさぐってみるとやけに腫れている!
あんなにちっちゃく痛くも痒くもなかった出来物が、黄色い膿を孕んだニキビのようになっている。
 その腫れが皮膚の表面にのみ出てくるなら良いのだが、~ニキビを思い出して下さい、表面の黄色い部分潰して膿を出しても、皮膚の内側の方が土台のような腫れが多く痛かったでしょ!?~皮膚の内側に向けての腫れが辛い!
 男性の方はわかると思いますが、男性器の身体の中に通じる海綿体棒状部が通っているところなんですから!
ただでさえ下着が当たるので始終痛い。
なので、ニキビの塗り薬を塗って、痔ろうのときに残ったガーゼを小~さく切って止めておいたりしたのです。
 それが2月13日。翌日はバレンタインデイなのに…。(苦笑)
もっとも先のスレッドで書いたPOLICEのコンサートへ行ったのが2月14日だったので、何とかなって良かった。。。


 まだ、ありまして。(苦笑)
 実はここ1ヶ月ほどお腹の調子が今イチ。
下痢の日もあれば、ほとんどが「ドロッ」とした粘着質な感じのいや~な便。
腹に痛みを感じる時がある事もない事も、とはっきりしない日々。
 で、15日にやって来ました!
朝から身体が重く、腹は痛い、熱が37℃丁度。
でもフラフラする。
 午後イチくらいまでは頑張って自宅で仕事をしたが、遂にダウン。
前述のように、「痛む右肩」と「痛む股間」に加え「力の入らない身体」をひきずるようにして布団を敷いて(実際はソファーマットを伸ばし)、何とか寝床に入った次第。

 
 皆様もお体ご自愛下さい。
あ、そういえば、このブログのきっかけにもなった痔ろう経過、今年に入ってしていなかった…。
 近日、書きます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。