迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇気

 本日昼過ぎ(毎度ながらもう昨日になっている…)、よくしていただいている知人から、急に電話が入る。
いきなり「今日の3時くらい時間ある?」と言う。
何かと思えば、本日行なわれるオペラ・コンサートに2人で行く旨を主催者側に伝えてあり、一緒に行く予定の方がドタキャンしたとので、一緒に行ってほしいというお誘い。
 風邪の引き始めなのと、痔ろう手術後長い時間座ってじっとしているというのをしていなかったので、一瞬ためらったが、この方には2度の失業時にもよくしていただいたし、この公演の主催者も仕事でお世話になった方なので、行かないわけにはいかない。
なので、急遽会場へ向かう。


 この公演、イタリアのオペラ歌手フィオレンツァ・コッソットというもうかなりお年の女性歌手のデビュー50周年記念コンサートである。
 実はこの主催者の方は、大変心が真っ直ぐでとてもお気遣いをされる方です。
私が失業して、ちょうど痔ろう手術・入院をする直前にお気遣いの電話をいただき、その時「今度、うちの社を上げて成功させたい事があるので、病室で祈って下さいね!」と言われ、私も「ケツ切られている時も祈ってますよ!」(笑)と言葉を交わした。
それがこのコンサートなのかな?と思い入場。


 開演時間を少し回った頃、その主催者がステージに登場。
喋りだしたところ緊張気味なのがわかる。
「でかいホールのステージ上ではやっぱ緊張するよなー。」などと思っていた私が愚かだった。
 何と、主役のコッソット女史が今朝になって体調不良で思うように声が出ないことが判明!
普通のコンサートなら中止&振り替え公演というのがよくあるパターンだが、何と主役を午前のうちに日本人のオペラ歌手に代役として手配し、地方公演中から呼び寄せてコンサートそのものを行なうと言う。
 客席から「ブーッ!!」の声も数人ながら上がる。
もちろん、希望者には払い戻しもするし、別日のコッソット出演のガラ・コンサートへ振り替える事もしますと案内。
販売用に作ったパンフレットを来場者全員に無償で渡す旨も案内。
彼の気持ちを考えると何とも居たたまれない気持ちになった。
 そこで思ったのは、決断する「勇気」についてだった。
主役公演を降板する演者の勇気。
その日のうちに代役を探し公演を行なう主催者の勇気。
おそらく考える時間もないまま引き受けた代役の勇気。
突然のアクシデントにリハーサルも出来ないままステージに上がる出演者全員の勇気。
楽しみにして時間とお金を費やしたのにそのまま残って見るお客さんの勇気。
 自分は招待された立場でオペラなど特に興味があるわけでない者が場内にいるという事が恥ずかしく思えた…。
自分に出来ることは大きな拍手を送ることくらい。


 公演は大変素晴らしいものでした。
代役の方はさすがにぶっつけ本番で行なったので、他の出演者に較べると声が通らなかったところはあったが、ぶっつけ本番でオペラの主役を歌うのだから、その事を考えればものすごい事だ!
 会場内にはテレビカメラもセッティングされていたので、放送されるか映像商品になるのか、その事も考えれば歌手にとってなんてリスキーな状況であろうか!
 それでも残ったお客さんたち一人一人の拍手が大きく「ブラボー!」の声もかかっていた。


 会場出口では、主催者が大きな声で「最後まで残っていただきありがとうございました!」と何度も繰り返していた。
 どんな時も勇気があれば怖くない。
逆風に立ち向かい乗り切る気持ち=勇気を私は持っているだろうか…?




 
スポンサーサイト

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
【2007/11/27 15:12】 URL | みんな の プロフィール
#-[ 編集]
★12/5コッソットさんの札幌公演を聴きに行きました。(コッソットさんを検索していてココにたどり着いたのです)
★2曲歌っては休み、2曲歌っては休みだったので、体調不良かな?とは思いましたが、そんな事があったのですねぇ。 
★でもキタラでは拍手するごとに活気を増し、最後は7割位の人が立ち上がり、演奏者と聴きに来ている方全員が一体となり、暖かい本当に素晴らしい演奏会でしたよ☆
★【勇気】のお話、とてもよいお話です。感動しました。 コッソットさんの演奏是非聴いてください。 舞台で一人の勇気はものすごいものですね。
【2007/12/09 09:45】 URL | Mizuo #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。