迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「痔ろう手術・入院記」はじまり

 本日、退院後はじめての通院。医師曰く「良好です。あと1週間くらいで、気になる痛みも治まりますよ。」との事だった。
                                
 さて、この「痔ろう」治療の事の始まりは、8月の2週目(だったと思う)に入ってすぐの日。トイレで用(もちろん「大」である。)を足してトイレット・ペーパーで拭いていたら、「ん…?」。肛門の後ろの方に小さなシコリがあることが発覚。押してみると鈍痛がある。特別に痛いわけでもないしシコリの感触も小さいので見過ごそうかと思ったのだが、当方は求職活動のさなか、「先週末も面接したばかりだし、今後の事を考えると、今のうちなら大事ではないので、一応、医者へ行ってみよう。あとから行って“手術しないとなりませんね。”などと言われる前に診療・薬で治しておこう。先手必勝なり!」と思い、病院へ行くことを決意。
 インターネットによる専門医探しを行なう。昔、渋谷区内のとある肛門科に行った事がある。そこへ行こうかと思ったが、最寄り駅の路線上で無いかと探したところ、良さげな専門科を発見。
 その翌日7日に最初の通院。
 地図を頼りに訪れると、こじんまりした感じながら(実際は周囲に比較的大きな土地が多いので、こじんまりでは無いかもしれないが)清潔そうな建物。受付を済ませ、待合椅子にて待っていると、名前が呼ばれた。診察室に入り診察してもらう。肛門鏡か何か肛門内を診るための器具が「グッ」と入る。イテテ!暑い日で汗かき体質もあるが一気に緊張が走り、顔から汗が噴き出す…。医師が口を開く。「あ~、痔ろうだね。これは手術して取ります。ほっとくとガンになるからね。最低5日から1週間は入院すると思って。とりあえず薬出しておくので、(薬が)切れたら、また来てください。」と言う。「え…?、痔ろう?、手術?、入院?、何?、何なのそれ??」とこれらの言の葉が私の頭と心の中でグルグルと回っている・・・。
 私は小心者な上、痛みにも弱い。それに加えて、今まで40余年で一度も手術・入院をしたことがない。そこへいきなり人生初の手術と入院が痔ろうだなんて。肛門切っての入院生活・・・。挙句、失業中だぞ、今!「余計な時間とお金の出費は避けたいと思い、倹約を心がけている日々なのに。ったく!クソ!」とクソで締めてしまうあたり最早ダメな感じである。(苦笑)
 帰宅してすぐにインターネットで「痔ろう」を検索。色々と参考文献をチェックした結果。
  ①現代医学をしても、痔ろうは手術以外に治療方法がない。
  ②多くの痔ろう患者は、痛くてたまらない、高熱が出る、などでやっと病院へ行く。
  ③術後帰宅できる病院・医師もある。
  ④人によって、術中・術後の痛い・痛くないなどは差があるようである。
 調べて思ったのは、まず「やっぱ、他の専門医にも診てもらおう。」と「術後の麻酔が切れた時の痛みが嫌だな~。」ということであった。
 以前、歯茎の中に半分埋没した親知らずを抜いた際、歯茎の切開や抜歯そのものよりも麻酔が切れた時に襲ってきたあの激痛を思い出した。
 「やばい、あの痛みが肛門に襲い来るなんて、とても耐えられねぇ…」。私はどちらかと言うと忍耐強い方かと思っている。しかし、あの時の痛みは尋常ではなかった!!もうすでに気分はブルーである。
 後日、前述の昔一度行った肛門科へ行くも、結果は同じく痔ろうで要手術であった…。
                                
 今後、引き続き痔ろうの手術・入院の様子を綴っていきます。

スポンサーサイト

コメント

訪問、コメントありがとうございました。

ブログを読みましたが、お気持ち、良く分かります。
もう、術後みたいですので、後は治るだけですね。
すぐに、あ~ 手術してよかったなぁと思えますよ。

また、経過などお知らせください。
【2007/09/13 22:27】 URL | 次郎 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/09/14 01:31】 | #[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。