迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳毛剃り刀、「穴刀」~その2

以前、(2007.11.30のブログ)で一度「穴刀」を紹介した。
「穴刀」というのは耳の穴の産毛を剃る刃物で、昔は理容店でも使用していたらしいが、法改正のもとで今は本当に数えるほどの店でしかこの穴刀を使用していない。
そんな状況なので、生産者はもっと少ない。
そんな中で、久しぶりに穴刀を取り扱ってるところをネットで見つけたのでオーダーしたら、昨日届いていた。
これがその「物(ぶつ)」です!
新しい「穴刀」


ちょうど前に買った穴刀も刃の鋭さが欠けてきたり、錆びも着き始めたところだったので良いタイミングでした。
これで耳の穴の中を…と言っても、自分では耳の中の産毛って実はちょっとやそっとでは剃れません。
理由は2つ。
1つは、やはり柔らかすぎる毛であり長さが無いので、刃先が当たっても毛が寝てしまうというところ。
2つめは、身の穴の中が複雑かつ繊細なカーブを描いているので当てるのが難しい。


しかし、この穴刀で耳垢取りが出来ることに気付いて、今は耳そうじに使用しています。(苦笑)
汚い話で失礼しますが、耳垢には二通りあって、「乾タイプ」と「湿タイプ」です。
「乾タイプ」は文字通り乾いていて薄い膜のように取れるパターンのもの。
「湿タイプ」は湿っていて飴のような感じで取れるもの。
私は前者で、しかも粉状で、綿棒で掃除しても大きな塊で取れるよりも粉が付着してるパターンが圧倒的に多いのです。
それで、この「穴刀」を使用すると、耳の中に付着している粉状の耳垢がまとめて削ぎ落とされて、ゴソッと取れるのです!
これが気持ち良くてねー!!
ここ数年、自分の中で一番の快感であり快楽だったりするのです。(笑)


ちなみに今回の穴刀は「西尾刃物」さんというところで\6,000でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。