迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、Yおばちゃん!

クリスマスの直前に叔母と言って過言でない方がこの世を去った。
Yさんと言うその人は、叔母の家に住み込みで働いて、私が物心ついた時には、親戚同様で、そこには叔母が二人いたという感じであった。


Yおばちゃんは、もう何年か前に老人ホームに入居した。
93歳の完全なる老衰で去られたのだが、正直言うと「老“衰”」とは違う気がする。
なぜなら、当日の朝は歯医者に行って、戻ってきて何人かと話をして、自分の部屋に戻り、しばらくして職員が様子を見に行ったら、息を引き取っていたと言う。
老いたが衰弱してるとは思えない。
何も苦しまないまま、眠ってしまったら、そのまま天に行ってしまったようだ。
本当なら、理想的な死に方だ。


Yおばちゃんは強い人だった。
だから、絶対に100歳まで生きると思っていた。
強すぎて、問題を引き起こしたこともあったようだが…。(笑)
でも、私は他の親戚のおばさんと遜色ない感じで接してこれた。
自分が大人になった今、彼女が私に接してくれたその仕方に感謝している。
それは間違いなく「愛情」であった。
近くにずっといた私のいとこなどは、彼女のことを時に煙たがっていたようだが、それはずっと近くにいたからだろう。
彼女と最後に交わした言葉を覚えている。
老人ホームに入ってから、まだ一度も行ったことがなかったので、家族で行ったときのこと。
帰り際に私が「また来ますね。」と多少社交辞令的に言ったら、「こんなとこ、もう来んでいいよ!」とキッパリと言い返してきたのだ。
しかし、それが本当になってしまったのが悔やまれる。


せめて、Yおばちゃんに「今までありがとうございまいした!」と言いたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。