迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「痔ろう退院後記」⑤

 退院後3度目の通院日となった9月25日。
医師曰く、「いい感じですね」と言うことで、この日から痛み止めとそれに伴う胃薬の処方がストップとなる。


 この週には痛みも落ち着いて来ている。
やはり排便後のティッシュペーパーをあてるのが「ヒリヒリした痛み」で、感じ方としては「火傷」後のような感覚。
 続いて、ウォシュレットやシャワーの当たり具合で「ピリッとしみる」痛みがある程度。
 退院翌日のあの痛みに比べたら、確かに楽だわ!
もう手術から1ヶ月近く経った。
 そしてこの週に初めて、手術後の自分の肛門を見た。
気が小さいので、なまじ術後の痕など見るとかえって痛く感じたり、気になったりするのが嫌でずっと見ていなかったんです。
でも遂に見ました!己の肛門!!
いやぁ~、痛々しい…。
苺くらいの大きさの楕円形に、肛門後部から皮膚が切り取られているような傷が!!
火傷直後にも見えなくもない…。
(もうせっかくなので「続きを読む」内にて画像掲載しておきます!)
いやいや、これはすぐには治んねぇなぁ~、と思いました。


 ここまで書いてきて、ようやくリアルタイムな時点に追いついてきました!
明日以降は、毎日のアップは難しいかと思いますが、トピックスがあり次第アップして行きます!


 続く。
【画像を見たい方、心して「続きを読む」にお入り下さい…】
患部状態の画像



 痛々しい…。
でも、普段おとなしくしている分には痛くないんです。
一応、排便後と就寝前に「強力ポステリザン軟膏」というのを患部に塗っておくと楽です。
 あ、あと肛門はあんなにデカくないです!
念のため。(笑)

スポンサーサイト

コメント

はじめまして。大変参考にになります。というのも、私も来月痔ろうの手術を控えた身です。ところで、痔ろうの手術はいくつかの方法がありますが、管理人様はどの方法の手術をされたのでしょうか?
【2007/10/02 07:02】 URL | kazu #JalddpaA[ 編集]
kazuさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
来月に痔ろうの手術ということでお見舞い申し上げます。
私がした手術はレーザーメスによる切除という単純なものです。
小心者ゆえ詳細に到っては確認しておりませんので名称までは把握しておりませんが・・・。
kazuさんの手術ならびに経過が良好でありますよう心より願っております。
また何かございましたらお書き込み下さい。
お大事に。
【2007/10/02 15:47】 URL | さむがい #QP.kfDjk[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。