迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈りとは

この2日間、命にかかわる病気を克服し、復職の見込みがほぼ無いと思われた方と仕事をした。
彼は敬虔なクリスチャンで、神に祈ることで、神を信じることで、権威的な医師さえも「医学的に奇跡」と言わしめる復活となったと言う。


私は、ほぼ無神論者な立場で、困った時の神頼みなどもする典型的な出鱈目パターンの人間である。
しかし、この2日で思ったのは、「祈る」ことが絶望の中で光を見出せる行為であろうという事。
多くは「神」を信じ、その存在を肯定することで心の中のバランスを保ち、絶望にあったとしても落ち着きを取り戻すことができるのかと思う。
これは「神」を信じなくても、何かに祈る、祈る対象を持っていれば、同じことが言えるのではないか。
愛する人でも、自分のヒーローでも、ましてや自分自身であれば最強の人間になれることでしょう。
もちろん人でなくてもいいと思います。
絶望のどん底に落ちた時、何かに祈ることで、心のバランスを取り戻せるヒントがあるかもしれないと思った次第です。


ちょっと前に、テレビである人がヴィクトール・E・フランクル(オーストリアの精神医・脳外科医)が言った言葉を紹介していた。
「ガス室を作り人間を送りこむのも“人”。ガス室の中で最後まで祈り続け光を見出そうとするのも“人”であった。」
彼は第2次大戦中ガス室に入れられた経験をもつらしい。


出鱈目な人間の私は「祈り」を上手く利用してこれからも頑張ってみたいと思う。
そして祈りが通じた時、また新しい何かが見つけれるのかも知れない…。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。