迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<イースタン>ジャイアンツVSゴールデン・イーグルス

本日、イースタン、つまり2軍の試合での読売ジャイアンツvs楽天ゴールデン・イーグルスの試合を東京ドームへ観に行った。
2軍戦をドームで観るというのも面白いと思って、結構前からチェックしていたらチケットがプレミアムラウンジが\3,000でビュッフェも食べ放題、飲み放題だというので、しっかり前売りを買ってしまった。
(エキサイトシートやバックネット裏も\3,000だったんじゃないかな?)
プレミアムラウンジ内は全席自由だと言うので、仕事を一気に詰めて東京ドームへ向かった。


いきなりだが、不満爆発!(笑)
今日は後楽園駅から(つまり東京ドームの外野側の方から)指定入り口の21ゲート(いわゆる正面口)に向かったのだが、21ゲートのところまで来たのでいざ入ろうとすると、いきなり見ず知らずの人間が私の視界外から入って来て人の身体を抱えるように動きを制された。
ん?と思ってそいつを見ると、ガードマン(死語?)だった。
そのガードマンは「あっちで列に並んでください!」と言う。
「列?」実際列らしきものは見受けられなかったが、そいつは「あっちに列があるので、あっちへ行って列にならんで下さい。」と言う。
なんか、言い方はすごく悪い表現になりますが、列と言うよりテレビで観る難民の移動のようにダラダラした「人の流れ」が良く見ればそのゲート口に流れてくる。
そこで「列なら列を作らせて、ロープなどで列がある事がわかるようにしとけや、アホ!」と思ったが口にはせず、大人な対応で「どっち?最後尾のプレートとかあるの?」と聞くと「あっちです!あります!」と言う。指差す方向を見てもその先に最語尾のプラカードを持っているような人も、「列」も発見できなかったので、「どこへ行けばいいの?」と聞くと「あっちです!」という。
バカ?方向はもう訊いたんだよ、それでわからないからより詳細な情報を訊いてるからこそ「どこへ?」と尋ねてるんだ!こっちは。
ちなみにこのガードマンはシミズオクトという会社の加藤という小さくて眼鏡をかけた男。
だいたい、指定ゲートの前まで来て、列ができるほど人が来るのがわかってるなら、声を出している関係者が敷地内からゲートまでの間にいてもいいだろが?!
それが、後楽園駅の方からは皆無。
そして、ゲートの前まで来ても誰も声を出していない!
案内しろや!
人によっては、音楽を聴いて気分を高めてくる人、耳が不自由な方も来る。
本当なら、「現在このゲートは混雑しており、列が出来ておりますので、最後尾へお並びいただけますよう、お客様のご協力をお願い申し上げます。」というプラカードが複数用意されてあるべき。
これは、シミズオクトの怠慢?
     東京ドームの怠慢?
     読売ジャイアンツの怠慢?
確か「World Baseball Classic強化試合」の時も、わかり難い列作りをして、混乱した。
ひょっとしたら、2軍だから?
費用を安く抑えて、低レベルのスタッフの用意と、来客への親切を怠るざるをえないのか??
いずれにしても入場時に不快な思いをさせてくれるよ、東京ドームは!
入場もスタッフの数を明らかに削減してるし、空けないゲートも多々ある。
時間的に列が出来ただけで、やはり2軍試合は人がいないのかな、と思いきや入場すると通路に人がごった返している!!
ひとえにこれは、1つの(?)ゲートしか空けていないからだ。
プレミアムラウンジは入場ゲートからさらに歩いて指定された階段を1つ上の階に昇らないと行けない。
もう、人にぶつかるぶつかる…。


心身ともに困憊してプレミアムラウンジへ入場。
プレミアムラウンジと言うのは、東京ドームの1階席と2階席の間にある中2階的な場所に位置するエリア。
通常の試合では、企業などが年間で契約する、いわばVIP席のようなもの。
(本当のVIP席は、このプレミアムラウンジのフロアのバックネット裏(ホームベース裏と言うのか)に位置するところなのですが。
とりあえず、空いてる席を席取り!
いつも通り座って正面
横を見るとこんな感じ
モニターでTV中継も同時に見れます



そして、無料で食べ放題、飲み放題のビュッフェへ!
これがビュッフェ!
一応、前菜、洋食、中華、和食、そして最後にカレーライスと卵スープを出すところ、そしてドリンクと、大きく6つのエリアが連なっている。
とりあえず最初のチョイスがこれ。
最初のチョイス
ちなみにドリンクはオレンジジュースとウーロン茶と水だけ。(苦笑)
なので、別に設けているドリンク・カウンターでビールを買う。
このエリアでは生ビールが\700!
東京ドームは、売り子も設置店でも\800で売っているのに。
食事の方だが味は悪くない!
美味とまでは言わないが、それなりにうまかった。


そしていよいよプレイボール!
スターティングメンバー
       ↑
よく見ると、審判は3人だけ!
2軍の試合だから、仕方ないのね…。
わかります?審判3人なの

さて試合ですが、いきなりジャイアンツ先発の辻内がメッタ打ちに。
初回に4点も取られる波乱の出だし。
その裏に手術から本日初復帰試合に臨む矢野選手が1点を返すも、また4、5回に立て続けに打たれ、ここで7対1とワンサイドゲームに。
期待したいルーキー太田が打てない、守備はマズいで残念ながら冴えない。
今年のルーキー太田
それに対して、楽天の丈武という選手が良かった。
この選手は本名を森田丈武といい、今年も最初は育成選手枠内の選手だったそう。
あと、面白かったのは、ジャイアンツが途中で3人くらい一度に変えてその中の一人「籾山」という選手に変わったのだが、ボードには何故か「鴎山」と出ている。
俺の目が悪かったわけではないと思うのだが、何故?
で、考えたのですが、以下、私の推測です。
電光ボードに選手名を打つ人に口頭で伝える人がいて、
伝える人が「選手変更、まず<○○>、次が<籾山>」と言ったのを「選手変更、まず<○○>、次<鴎山>」と聞えたのでは?
そう「つぎが、もみやま」を「つぎ、かもめやま」という誤聴だと睨んでいるだが…。(苦笑)
全体的なイメージでは、守備は2塁手、遊撃手がやはり1軍に較べるとボールを獲ろうという執念と技術が違うか?というのと、バッティングでは打ち上げてしまうのが多かった印象だ。


さて、本日2度目のビュッフェは、これ。
2回目のチョイス
この後、デザートにパンプディングとフルーツ・ヨーグルトも食ってしまった。
現在、家では肉、脂ものは取らないのに、今夜はかなり高カロリー食となった。。。


また試合の話に戻すと、正直5回裏以降は0更新でそのまま試合終了。
結局7-1で楽天の勝ち!
試合結果
試合内容は1軍との違いもあるが、観客は結構多かったし、途中のアトラクションも1軍の試合と同じだったし、年数回くらいはこういうイースタン戦の試合を行なっても良いかもしれない。
ただし、スタッフの質と量は保ってほしいが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。