迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往年の名選手たち~「ザ・プレミアム・モルツ ドリーム・マッチ2009」

 昨日、東京ドームへ「ザ・プレミアム・モルツ ドリーム・マッチ2009」という往年の名選手ばかりが集まって野球のOB戦を行なう試合へ行ってきた。
スポンサーのサントリーのサイトで応募したところ当選したのだ。
 大沢親分を筆頭に、山本浩二、田淵幸一、張本勲、江夏豊、村田兆治、R.バース、掛布雅之、岡田彰布、佐々岡真司、大野豊、伊藤勤、槇原寛巳、桑田真澄、etc…、そりゃ、もう、自分の世代の野球界きってのスーパースターたちが揃うのだから、一度は見たいと思う。
 実際、年齢からすれば野球の質に期待は出来ないが、これだけの面子が集まって野球をするのは通常のプロ野球を見るよりレアな価値はある。


 当日は、18時からオープニング・セレモニー開始だったので、17時過ぎに東京ドームへ着くと、指定券引き換えが何箇所かに別れて、どこもそれなりに人が並んでいる。
 自分は一人で行ったのだが、それがラッキーだった。
引き換え時間としては正直遅い方だったが、外野に近い3塁側内野席の通路側で前から3番目!
実際に一番前の席には人が来なかったので、事実上前から2番目だった。
席から正面
 気候のせいか、場内は意外と蒸す。
食べ物などを売っている通路に、スポンサーの「プレミアム・モルツ」の特設売り場も設けられていたが、早くも売り子も場内を練り歩いているので、来るのを待つが、自分の通路に全然来ない!
(ちなみに、この日はビールはスポンサーのプレミアム・モルツだけで¥400という安さ。
普段、東京ドームだとビール1杯で800円だか900円だか取っているはず。
ソフトドリンクも全部\100!)
隣の通路に来るので、「次はここの通路に来るだろう」と待っていると、逆側の通路に行く。
通路、一段抜かしで売ってんのかよ!
しかも、席がほぼ一番前だと、私の横の通路に来ても、中腹で売って、前まで来ない!
おーい、サントリーさん、しっかり教育してくれよ。
 待つこと30分以上して、やっと一人来たのでビール購入。
ん~、美味い!
最近のビールでは、この「プレミアム・モルツ」と「キリン・クラシック・ラガー」が私のお気に入りの2トップというのもあり、蒸し暑い中、散々待たされた甲斐もあり、ほぼ一気飲み!


 オープニング・セレモニーが始まり、今回の出場者全員を紹介。
ザ・プレミアム・モルツ・メンバー
ワールド・ジャパン・2009・メンバー
 続いてスターティング・メンバーの発表!
スターティングメンバー…ネットが邪魔くせぇ!
 座ったところからだと、「自分」-「ネット」-「フィールド内」の距離が微妙で、カメラがすぐネットに焦点を合わせてしまう…。
ワールドジャパン先発メンバー
プレミアム・モルツ先発メンバー
ザ・プレミアム・モルツは、なんと!3番バース、4番掛布、5番岡田というあの伝説の’85年の3連続ホームランを打ったメンバーが先発!!
 そして始球式を終え、プレイボール!
始球式(石原ひとみ)


 ワールド・ジャパンの先発投手は桑田真澄!
桑田真澄
立ち上がりは120キロ台のボールを投げ、無難に終える。
 対するプレミアム・モルツは陰のMVP巨人投手の宮本和知!
こちらもいい感じの立ち上がりで1回はともに大きな動きもなく、ゲームが始まった。
 そして2回のプレミアム・モルツの投手は、 男!村田兆治がマウンドに!!
村田兆治登場!
出た!マサカリ投法
 すごい!
スピードは120キロ台だが、それ以上に思える速球を投げていく!!


 またそろそろビールが欲しいのだが、相変わらず私の横だけ売りに来ない。
2回になり、トイレにも行きたくなったので、ついでに上の通路でビールと弁当を調達もしに行く。
先に書いた「プレミアム・モルツ」特設売り場が何箇所かあるのだが、外野に近い(つまり私の座っている通路にほど近い)場所ほど、混んで、バックネットに近くなるほど空いていると係員が案内している。
 なるほど、つまり動きのとりやすいところに集中して仕事してんだ売り子は!
ムカつく!!
 とりあえず、ある売り場に並んだ。
3列に並んでいるので、真ん中に並んだら、そこで売っている男の子がとにかく、遅い、不器用、おどどしていて、両隣の列はスイスイと客をさばくのだが、この列は両隣が3人さばく時間で一人さばくという遅さ…。
 イライラしていると、客席から次々と歓声が!
あ~、点が入ったとこ見れなかった~…。
頼むよ、ホントに今日の売り子さんたちよー!
 そうこうしてると客席は満員に。
気づけば満員(外野側)
気づけば満員(内野側)
正直、今のプロ野球より人が入っているんでないかい?!


 その後も見せ場を演出しては楽しい試合へと。
5回にワールド・ジャパンは定岡正二をマウンドに上げると、これが現役と同じように滅多打ちにされ(笑)3点を失う。
そして7回には、これまたスゴイ!桑田真澄選手がホームランをかっ飛ばした。
日本球界で唯一「魔球」を持つ(?)、佐野慈記が登場するや、対するプレミアム・モルツは代打・川藤で対抗!
伝説の魔球「テカテカ投法」をきっちりと披露。(笑)
出たー!佐野だー!!
佐野vs川藤のキャラ対決!!
 そして、最後の方では、バースが打席に入るとあの3打席連続被本塁打を浴びた槇原がマウンドに!
バースはセンター・ライナーだが、センターの松本匡史(だと思う)が落球、次の掛布はヒット、続く岡田はいい当たりだが、内野ゴロ。
いやぁ、見せ場としてはバッチリ。
最後の最後は江夏がリリーフとして上がり試合を締めた。
 9対3で「プレミアム・モルツ・球団」が勝利。
最優秀選手にはランディ・バースが選ばれていた。
最優秀選手賞はバース!


 ドームを出ると、夜空には雲の間に満月が見え、気のせいか野球のボールにも見えて仕方なかった。
水道橋の満月
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。