迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法使いになるには…(夢の裏側ツアー)

 昨日、テレビでフロリダのディズニー・ワールド・リゾートを取り上げた番組を見た。
ディズニーと言えばいつの時代も夢を与える最大最強のコンテンツだ。
 そんなディズニーが時代の流れなのか、ディズニー・ワールド・リゾートの裏側ツアーを始めたという。
裏を見せて新たな利益を得る算段か、それとも企業秘匿が過ぎるという声が出る前のリスク回避か?
 ツアーは5時間にも及ぶそうで、もちろんカメラは持ち込み禁止、16歳以下は不可、と夢を保つ条件はある。
そのため番組ではリポーターがそのツアーを体験し、その一部を話すという手法だったが、裏方のプロ意識とエンターテインメントに徹するために会社が意識を持たせる努力はすごい徹底しているというようなことを言っていた。
例えば、中には黄色いラインが常に地面に引かれてあり、そのラインを一歩でも超えたら、キャラクターに、キャストに徹するというようにしてあるそうだ。
 番組では何故、このような企画をディズニーがやり出したかを尋ねると、「舞台裏には“人”がいてどれだけの努力をしているかを伝えておくべきだろう、と思ったのです。」と説明。
確かに「夢」を見るのは「人」だけだろう。
奇跡を起すのも「人」だ。
 最後に番組はウォルト・ディズニーの言葉を紹介していた。
それは「本当の魔法、それは人なのです。」


 人でいる以上、誰もが本当は、魔法を使うこと、夢を叶えること、ができるはずなのだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。