迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球オープン戦~今年初の屋外球場

 今日の東京は朝から天気も良く、暖かかった。
丁度、東京で2009年初のプロ野球オープン戦が神宮球場で行なわれるので、思い切って観に行った。
 先日、ワールド・ベースボール・クラシックの強化試合(対ジャイアンツ戦)を東京ドームで見たが、屋外球場での野球観戦は今年初。
 平日昼間のオープン戦で、カードはスワローズvsホークスなので、場内販売がどのくらいか不安なので、途中のコンビニでおにぎりとお煎餅と缶ビールを買って行く。
球場に入ると、思ってたよりもちょっとだけ観客は多かった気がした。
そして場内結構ビールやソフトドリンクを売っている人たちも多く、ちょっと意外。
今年初の屋外球場



 試合が始まると、最初の2回でもうワンサイド・ゲーム。
ホークスが10対0で大差をつけてしまう。(苦笑)
ヤクルトは赤川という若い投手がボッコボコに打たれ、途中で交代しマウンドから降ろされる。
オープン戦では珍しいのではないかな?
 試合とはおかまいなしに球場でビール片手にには気持ちいい陽気だ。
ダウンを脱いで、ロングスリーブのTシャツ1枚でいられた。
しかし、試合のようにだんだんと翳りだした。
3回くらいから雲り空となり、途中で一瞬だが雨がポツリポツリと落ちてきた。
とは言え、ダウンを着てれば寒くはない。
気温はそれほど低くならなかったようだ。
 試合は7回コールド負けになるかと思ったところに吉本の3ランでコールド負けは免れたスワローズ。
この吉本という選手は、実は対戦相手のホークスをクビにされ、ヤクルトに拾われたそうだ。
古巣への仕返し、拾ってくれた新天地へのアピールとなる素晴らしいホームランだと思う。
レフトスタンドのホークス・ファンも大きな拍手を送っていた。
 試合は結局10対3で終了。


 曇りながら気温は良いので、神宮球場から徒歩で帰宅!
歩いて2時間足らずだったかな?
さすがに疲れた。(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。