迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ち続けた感じの2日間…。

 昨日(2日)と今日(3日)は冴えない日々だ…。
失業に伴い、諸々派生する手続きを取るために行動したのだが、それがどれもストレスを派生させてくれる。


 前回の失業時に年金を免除にした。
その期間、1年。
今回の失業でまた免除にしなければならないので、微々たる貯蓄定期から前回免除分の年金を追納すべく、昨日の朝に預金先のみずほ銀行に行く。
 定期にして預けたので、出すには窓口で手続きをするのだが、長い時間待たされた…。
1時間近くは待ったろうか。
まだ昼前だがもう疲労感があった。
 

 続いて、区役所へ行き年金の追納をしようとしたら、なんと区役所では年金の入金は扱わないのね?知らなかった。
そこで近所(と言っても歩けば15分はかかるか?)の社会保険庁へ行ってくれという。
社会保険庁へ行く前に隣接している税務署で青色申告を白色申告に変更して確定申告するには、を尋ねようと行く。
 まず総合受付へ行くと一人受付で話をしている。
特に待ち票なども無いようなので、その人の後ろに並ぶ。
なかなか話が終わらない…。
やっと終わったと思ったら、横からおっさんが飛び込んで受付の人に質問しはじめやがった!
幸い、受付の人が私を示して「お待ちになられてるお客様がいますので、順番をお待ち下さい。」と対応してくれたのでホッとするも、用件を伝えるや即答で別の受付で相談して欲しい、と返される…。
 しかたなく指示された受付へ行くも、そこは確定申告に来る人を一挙に対応するプレハブの建物。
なので受付カウンターなど無く、腕に腕章をつけたおじさんが2人入り口入ったところで何にやら対応に追われている。
 またしても一人の人が話し込んでいるところの後ろに着くも、その係員のおじさんの横に付いてくる輩もいて順番が守られそうも無い雰囲気。
そして前の人の話はやはり長い…。
その後ろにピッタリと付いて立ち待ち続ける。
 前に人が終わったとともに、即「お聞きしたいのですが!」と他の奴に入られないよう質問を始めた。
しかし、質問が始まると、また別な輩がその横を通過するや、係員が「案内しますのでお待ち下さい!」というと、そのおじさんは「いいんだ、待って話すほどの事じゃねぇからよー。」と先へ急ぐ。ここで数分間係員とおじさんのやりあい…。
もう、勘弁してくれ!


 とりあえず、税務署で必要な書類と用意するものなどを聞き、先ほど区役所に指示された社会保険庁へ行く。
 こんな日はやはりそこでも受付で一人に対応していて、終わりそうも無い。(苦笑)
ただ、受付の横に順番待ち票の機械があるのでそこで票を出そうとよく見ると、その機械に板がたてかけてあり使用できない。
「??」と思っていると、受付の方が話し中のところを「御用は?」と私に話しかけてきた。
追納の意を示すと、受付すぐ後ろのカウンターへ大きな声で「追納のお客様です!」という。
なんてアナログなやりとりなんだろう。(笑)
 しかしそのカウンター内でも数人で譲り合われ、3人目の若く腰の低い男性が対応してくれた。
この男性は、逆にこちらが恐縮するほどの下手に出た対応をする。(苦笑)
追納用の書類をプリントアウトする間、ソファーで待っていると目の前のポスターに「ここのところ不祥事もあり、社会保険庁では年金の支払いを直接することはやめました」というような事が書いてある…。
何でも支払いは支払い票を渡されコンビニや銀行で支払うように変えたようだ。
 で、呼ばれ「お待たせいたしまして本当に申し訳ございません。お支払いは現金で良いのですよね?」と言われ「あれ、そこのポスターにはここでは受け付けないってあるけど…」と言うと、「原則はそうなのですが、知らないでわざわざ来られた方を無碍にはしないようにしておりますです。」と。
ま、とにかく払えれば良いのでその場で払っておいた。


 そしてあともうひとつ問題が。
それは健康保険証である。
まえの会社をリストラされ、その時の保険の延長で継続するつもりでいた。
 会社から「FAXを送るからそれを見て、自分で手続きへ行くことになる。」と聞いていたが。
その書類を待てど来ない。
こちらの勘違いでもあったが、その書類はただの手続き連絡先でもう渡されていたのだった。
それで昨日何度か「全国健康保険協会東京支部」へ電話をかけるもいっつも話し中!
しかもあたまに来るのは、話し中の「プー、プー」という音が数回なって勝手に電話が切れるのだ。
超ムカつく!!
そして夜近い時刻にやっと繋がったら「もう継続手続きの期限を過ぎてるから駄目」との事。
結局、国民保険に入るしか術がない…。


 そして今朝。
まずは第1回目の失業認定のためハローワークへ行く。
受付指定時間よりちょっと早めに着いたので処理も早く、昨日と違い良い感じ!
と思っていると「先日の説明会でお渡しした用紙に記入して6番窓口で提出と手続きを行なってください」と言われ、その窓口へ行くとその時点で35人待ちになっている…!!
 今日もやっぱり悪い感じ、と落ち込みつつ待つこと数十分。
やっと自分の番が来た。
待っている間、こう訊かれたら、こう答えようなどと軽くシュミレーションなどするも、簡単に説明され1分程度で「本日はお疲れ様でした。」と帰される。(苦笑)


 そして国民健康保険加入のため、役所へ行く。
ここでも、離職票が無い(=もうハローワークで手続きするため出してしまった。)ので、前の会社で電話され確認を取る手続きにとなる。
 思えば、リストラ時も「保険だけは早めにどうすればいいか教えて下さい」とさんざん言っていたのになんだかカッコ悪い…。
 そして本人確認のため、幾つも質問されるが、覚えていないような答えを求める質問ばかりされる…。
ようやく7つ目くらいの質問で何とかOKになり、また保険証が上がるまでひたすら待ち続けたのであった…。


 どうにも役所や銀行にはいい思いが出来ない運命だ。
はぁ~…。(溜息)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。