迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首切り~内定取り消し~アメリカの爆弾

 それにしても、毎日毎日、労働者の首切りや内定取り消しなどのニュースが賑わっている。
自分もこの12月いっぱいで職を失う身なのに、何故か他人事のようにTVニュースを見ている。
3度も失業すると馴れるのか麻痺してしまうのか…?
 企業も想定外の驚きであると思うが、企業をささえるのは「人」、そこの商品に金を出して買うのも「人」、「人」を大切にできない企業は自滅するでしょう。
そんな事を決定し実行する人は「人でなし」と言うのでしょう。
 今は、派遣社員が契約期間内に解雇が問題になっている。
不謹慎だが、まだ世論が味方してくれそうで羨ましい気もする。(そんな方々には申し訳ありません。)
 自分のように、丁度12月で契約が終了してしまうタイミングだと、極めて普通の事となり同じ失業でも大変な事ではないように思われそうな気がしてしまう…。


 サブプライム問題の余波が世界中を狂わしているようだが、9.11テロも、このサブプライム問題もアメリカが作った「爆弾」でそれが愚かにも自分たちの国で自爆してしまった。
しかし、大国アメリカが傷を負うと世界の全ての国が一緒に傷を負うということも証明した。
 アメリカを全て悪とは言わないが、「合理主義」、「成果主義」、「個人主義」が大好きなアメリカ人のマイナス面が信じられないほど一気に噴出したようだ。


 日本もいつの間にかアメリカの真似して、いやアメリカ以上に上記の三大主義を正義のように掲げた結果、「人」を抹殺していくこととなる。
 この恐慌と失業は、アメリカがしかけた新種の爆弾であり、新種の戦争なのかもしれない…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。