迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職務質問に遭う

 本日、仕事で外を移動している時だった。
渋谷駅からバスに乗ろうとバスの路線案内板を見入っている時だった。
いきなり「あの、すみません」と声を掛けられ、横を見ると警察官が3人。
見た瞬間に「クソ!」と思った。
職務質問に違いないと思うや、「最近、物騒で治安も悪いんで、申し訳ないですが、カバンの中見せてもらえます?」と言いやがった。
 仕事で移動している時に、しかも今日みたいにクソ寒い雨天の中、無実の者が群集の中で疑いをかけられ無駄な時間を費やさなければならないのは心底腹が立つ。
「警察手帳見せて。」と言うと、素直に警察手帳を広げて見せてきた。
小川原とかいう巡査だか巡査長だかだった。
こいつを切り込み隊長にして3人が徒党を組んで職務質問を繰り広げているようだ。


 実は前にも、渋谷と新宿で過去に二度この職務質問にあった。
新宿では若いのが1人きりでガンバッテ質問してきた。
低姿勢な質問の仕方でガンバッて質問を始めたが、その途端に待ち合わせをしていた同僚が到着し、その若い警官はスゴスゴと引き下がっていった。
 しかし初めて、前に渋谷で遭った職務質問は腹が立った!!!!!!!
見るからに意地悪そうなおっさんが若いのを2人だか3人連れて、偉そうなモノの言い方だった。


 ま、その時の渋谷のおっさん巡査に較べると、今日の小川原だかは低姿勢な言い方だ。
しかし、こちとら仕事中で200%無実な人間としてはやはり頭に来る。
持ち物のカバンと商品サンプルを入れた手提げ袋、鍵、財布、バンダナまで全部そいつらに渡し、「5分以内にすませて!」と言って左腕を上に挙げ、腕時計を凝視しプレッシャーをかけてやった。
 するとアホみたいに財布やカバンの隅まで見て「ありがとうございました。」だと。
「すみませんでした。失礼いたしました。」だろアホ!
警官が無実の者の時間を盗んでどうする??
しかも渋谷の所轄は徒党を組んでだ。(もう少し、分散して他の仕事もさせろ!)
 もちろん警察の大事さも判るし、尊敬の念もあるが、無実で仕事中のこちらの立場からすると、奴らも正当な仕事をしているとは言え、怒りは収まらない。


 しかし、3度も職務質問に遭う、私はそんなに悪く見えるのか?挙動不審に見えるのか?
100%違うとは言い切れないが、しかし答えは「NO」である。
 では何故、そんなに遭うのか?
実は、街で何度か職務質問しているのを見かけたことがある。
職務質問を受けているのは決まって「気の弱そうな人間」なのである。
間違っても、強面の人間や、綺麗な女性や、面倒な事になりそうなタイプの人間には、職務質問をしないのだ!
 恐らく、職務質問は上からノルマの人数を決められているのではないか?
警官と言えども人の子。
おそらく、職務質問の実地演習で面倒な事にはなりたくないであろう。
ならば、ケンカをして勝てる相手、泣き寝入りする弱い相手に行くのが普通だ。
つまり「弱者」=「気の弱そうな奴」を狙うのであろう。
残念ながら、私は実際気が小さいし、見た目も温厚そうに見える方に部類されるであろう。
職務質問の警察官の毒牙はそういう者に行くのであろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。