迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀に劣る人

 本日、テレビ「さんまのスーパーからくりTV」を見ていた。
素人が撮ったハプニング・ビデオを色々紹介する中で、日本人の投稿ビデオがクイズとして紹介された。
 ビデオの内容はバカンスで南の島に来た家族の父親が、囲いの中で飼われている亀たちのうち1匹がひっくり返っていて起きれない亀を一所懸命に撮影しているもの。
 父親は亀が自力で置き上がることができる瞬間を撮りたかったのか、ず~っと撮影していて、やがて奥さんに「テープがもったいない。」とか、子供に「プール行こう」とか怒られたり、急かされたりする。
その返答に次第にキレ出す父親、とにかく亀で「スクープだ!」とか言って亀を撮る事に夢中。
そのうち些細な家族喧嘩までする次第。


 しかし、そのビデオを見ているとその倒れた亀の横を、他の亀たちが身体をすり寄せながら、何度も這ってくる。
 その亀たちは、起き上がれずに困っている亀を助けようとしているのだ!
それに較べて、困った亀を助けずに撮影し続け、挙句家族喧嘩までする愚かな人間。
結局、途中で外国の親子がその模様を見ていて、助けてあげたのだが、助けた瞬間に明らかにがっかりしているバカ親!
(こんなの取り上げて、大金払う番組にもがっかりだ。)


 亀も危険な場合もあるので、無闇に手を出せとはいわないが、そんなものをず~っと撮り続けて、小競り合いまでするような愚かな人間に較べて、自分たちにその術もないまま何度も助けようとするとする亀たちのほうが人間的だった。
 こんな亀に少しでも人々が近づくことを願うばかりだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。