迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い同僚とあったが、

 今日、以前一緒に働いた同僚と会って晩メシを食った。
とある事で彼に相談しようとこちらから呼び出したのだが、話はそれどころでなくなって、彼の父親が不治の病にかかり余命宣告まで受けたとのこと。
 すでに呼吸は自力でできず、首に穴を空けて呼吸器を取り付けているそうだ。
当然食事も出来ず、鼻からチューブで流動食を送る食事だという。
聞いていても、痛々しくて、彼にかける言葉もみつからなかった。


 私も父をかれこれ10年ほど前に癌で失くし、母も不治の病を持っている。(幸い、死に直結した病ではないが)
 末期の看護はやはり家族みな疲れたものだ。
彼も故郷へ帰る準備をしはじめたと言う。
 この年になると、自身もガタが来るが、知人の親御さんやご兄弟の故障の話も含めて増えてくるのが哀しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。