迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年大晦日

いよいよ2009年も終わります。
今年は元旦から失職生活のスタート、そして途中から全く新しい形態で仕事を始めました。
別れたあとに出会い有り、そんなことを象徴する一年だったかも知れない。


多くの有名人が他界し、知人も永眠しました。
プロレス好きの私としては、2009年の最後にスティーブ・ウィリアムス選手の逝去は最後にダメ出しくらった気分だ…。
しかし、今年後半には久しぶりに再会する人たちも多かった年でもあった。
全くの「新しい何か」でなく「久しぶりの再会」が「鍵」をにぎっていたようだ。
来年はその「鍵」で開く「扉」を探して、一歩先に進めればと思う。


テレビで「Dyanamaite!」も始まったことだし(笑)、今年はここまで。
皆様も良いお年を!
2010年がみんなにとって良い年であることを願っています。

スポンサーサイト

ありがとう、Yおばちゃん!

クリスマスの直前に叔母と言って過言でない方がこの世を去った。
Yさんと言うその人は、叔母の家に住み込みで働いて、私が物心ついた時には、親戚同様で、そこには叔母が二人いたという感じであった。


Yおばちゃんは、もう何年か前に老人ホームに入居した。
93歳の完全なる老衰で去られたのだが、正直言うと「老“衰”」とは違う気がする。
なぜなら、当日の朝は歯医者に行って、戻ってきて何人かと話をして、自分の部屋に戻り、しばらくして職員が様子を見に行ったら、息を引き取っていたと言う。
老いたが衰弱してるとは思えない。
何も苦しまないまま、眠ってしまったら、そのまま天に行ってしまったようだ。
本当なら、理想的な死に方だ。


Yおばちゃんは強い人だった。
だから、絶対に100歳まで生きると思っていた。
強すぎて、問題を引き起こしたこともあったようだが…。(笑)
でも、私は他の親戚のおばさんと遜色ない感じで接してこれた。
自分が大人になった今、彼女が私に接してくれたその仕方に感謝している。
それは間違いなく「愛情」であった。
近くにずっといた私のいとこなどは、彼女のことを時に煙たがっていたようだが、それはずっと近くにいたからだろう。
彼女と最後に交わした言葉を覚えている。
老人ホームに入ってから、まだ一度も行ったことがなかったので、家族で行ったときのこと。
帰り際に私が「また来ますね。」と多少社交辞令的に言ったら、「こんなとこ、もう来んでいいよ!」とキッパリと言い返してきたのだ。
しかし、それが本当になってしまったのが悔やまれる。


せめて、Yおばちゃんに「今までありがとうございまいした!」と言いたい。

旧友との再会

高校~大学時代の親友に会った。
ちょっと前にここで書いたが、彼は血液の癌にかかり、今年いっぱいで生まれてからずっと住んできた東京を離れ、奥さんの実家の岡山へ引っ越すことになった友だ。


以前、電話で話した時は、頭髪も抜け落ちて薬の副作用も起きたなどと聞いてので、あまりに風貌が変わっていたら何て声をかけよう、などと心配したが、昔と何も変わっていない風貌に安心した。
広告代理店で厳しい毎日ながらも、一生懸命に楽しみながら仕事をしていたが、そこも辞めたと言う。
ただ、これからは岡山へ行っても仕事は決まっているとのことななので、またも安心。


昼間から、ビール、ウォッカ、ラム、と飲んで昔話にも花を咲かせた。
一時期は、正直に言うとちょっと角の立つ話し方をする時期もあったが、病気を経験したことからだろうか、学生時代の彼と変わらぬポジティブで愉快なままだった。
ただ、今の病気の生存率と言う話を聞いたときは、ショックではあった。
この病気にかかった際の生存率の平均値というか目安というか、5年後で80%、10年後で50%だと言う。
「10年後に生きてるかは、わかんないからな~。」と笑いながら言ったが、そんな事は決して無いと願うばかりだ。
奴には、奥さんも子供もいる、両親も健在だ。
癌を克服して、天寿を全うしてほしい。

忘年会シーズン

早いもので今年もあと10日ほど。
この3日間は連続で忘年会でした。


3日前は某新聞記者さん主催の忘年会で、誘われて着いていったのですが演奏も出来るバーで行なわれ、プロ、アマ入り乱れてのジャズ・セッション大会に。
演奏してる人の顔がみんな楽しそう!
なんと、昨年まで私が働いていて会社の社長もいて、学生時代に担当していたドラムを披露してました。
いい大人が無邪気に演奏を楽しむ(する方も、聴く方も)姿もいいものです。(笑)


一昨日は、もう何年続けているのか、「プロレス・格闘技」好きの仲間がまた仲間を呼び、なんと25人(多分)もが集結しての大忘年会!!
ビンゴ大会も設けて、結構盛り上がったのだが、あんまりプロレスや格闘技の話をしなかったような…。(苦笑)


そして昨日は忘年会のような合コン(?!)で、男女ともに7人づつ計14人の合コンって何よ?(笑)
この日はお題があって、当日500円ほどのプレゼントを持ってくるというもの。
私も何にしようか考えて、100円ショップでお菓子をたくさん買うとか、入浴剤セットとか、浮かんで来たのですが、女性に渡すのか、男女ともに考える方が良いのか、迷ってきて、結局は当日の昼にテレビで見たバッファロー吾郎グッズの「オモシロクナール」というあたかも薬のようなパッケージのラムネ菓子が500円(税抜き価格)だったので、それを買って参加。
今回、びっくりしたのは、以前会ったことのある男性の一人が「サザエさん」のカツオくんの声優だった方のご子息だったこと!
高橋和枝さんという名優で、私らの世代は本当に色々と彼女の声を聞いて育ったと言っても過言ではないでしょう。
カツオをはじめ、「ルーシー・ショー」のルーシーや「怪獣ブースカ」のブースカ、etc…。
2次会のカラオケでは、その方と「カツオのうた」を一緒に歌わせていただいて感激!
でも、その後に2度も「本当にありがとうございます。嬉しいです。」と言われて感激倍増!!
楽しい時間を過ごせました。


不況で会社がらみの忘年会というのは、今年は相当激減したと思いますし、私の周りでも忘年会の話は聞きませんでしたが、有志や仲間同士での忘年会はなくならないですね。
また来週は、12月25日のクリスマスに行なわれる忘年会が残っています。(笑)
皆様も飲みすぎにご注意の上、残り少ない2009年を有意義にお過ごし下さい。

第870回「今年一番印象的だった事!」

FC2 トラックバックテーマ:「今年一番印象的だった事!」



ちょうど数日前にも知人と今年も終わるし、何がいわゆる重大ニュースなんだろう、なんて会話をしたが、今年は沢山の出来事がありました。
「一番の印象」の前に、2009年を振り返ると…、
●WBC日本連覇!
●オバマ米大統領誕生(初の黒人大統領誕生)
●新型インフルエンザ猛威
●忌野清志郎死去
●三沢光晴急逝
●マイケル・ジャクソン急逝
●自民→民主政権交代
●松井秀喜日本人初のWシリーズMVP!
●森繁久弥死去
等々…。
そんな中で、世界的には「マイケル・ジャクソン急逝」と日本国内では「政権交代」かなという結論に。


個人的には「三沢光晴急逝」と、自分自身新しい仕事をスタートしたことは大きな出来事でした。
今年も残り2週間ほど。
残りの2009年のうちに、何か大きな出来事は起きるか??



御礼!1万アクセス!!

今、自分のブログの確認をしたらカウンターが「10002」でした!
こんなブログに1万以上もアクセスがあるなんて、なんて不思議なことだろう!!
アドレス入手業者の来訪も多いかとは思うが、それでも5桁になってるなんて、やはり不思議な気がしてなりません。

今後も相変わらず好き放題を連ねていきますが、よければまたお立ち寄り下さい。
ありがとうございます!

ウェンディーズ日本全店舗を閉鎖

さきほどヤフーのトップ・トピックスを見て驚いた!
ハンバーガーのウェンディーズが、日本の全店舗を閉鎖するらしい。
昨日、ヤフーでゼンショーがハンバーガービジネスから撤退というようなキャプションを見たが、それがウェンディーズだったなんて知らなかった。


我々世代は、バンバーグ言えばご馳走の代名詞。
ほんの4~5年前までは、よく食べていた。
ハンバーガーと言えば、もうマクドナルドの一人勝ちなのかなぁ?
個人的には「モスバーガー」、「ファーストキッチン」、「バーガー・キング」が好きだが、どれも見なくなった気もする。
(昔は、「ドムドムバーガー」なんてのもありました。)
しかし今や、ダイエット、不況で、ファースト・フードと言えば「立ち食い蕎麦」!
なかでも「富士そば」、「ゆで太郎」率は高い。


若い世代はマクドナルド、私のようなやっと生活してる者は立ち食いそばでは、ウェンディーズでも存続できなかったのかー。
表参道沿いのウェンディーズのすぐ横あたりで仕事していた頃は、よく利用したことを思い出した。

田舎歩き

本日は、父の墓参りと用事で、父の田舎へ行きました。
場所は、あの酒井法子の逃走先で一躍有名になった山梨県身延のすぐ近く。
墓参りも終え、用事も無事済ませ、ここに来ると必ずする「仕事」にかかる。
その「仕事」とは、犬の散歩!


「タロウ」という雑種犬で、もう年も取って、昔は全体的に黒およびこげ茶色がメインだったのが、だいぶ白い毛になってしまった。
昔は散歩しても、ずっと走ってても俺より先を走っていたが、散歩の最初の方こそ興奮して先を急ぐが、しばらくすると、もうペースダウンしてしまう。
タロウと散歩


田舎の散歩なので、都心ではあまり接することのない写真を取ったので何点かアップしてみます。
線路のすぐ下
上の画像は川原を跨ぐ線路の真下。
普通に下を通って、上を見ればこの位置!
こんな間近で見るのも、そうそう無いと思います。
(前にTV「もやもやさまぁ~ず」で大田区の方で一ヶ所こんな距離のところを紹介してたけど)


私が幼少の頃、この辺には3つも「吊り橋」があった。
しかし、今では1つしか残っていない。
吊り橋
吊り橋の入り口
吊り橋の真ん中で
「吊り橋」って好きですねー。
自分の幼少期にここへ来ると、必ず吊り橋を揺すって渡って、大人に怒られながらもそれが大好きだったことを思い出します。


それと、線路の横に柵などなく、田んぼが線路の両脇にあったりするのが普通なので、線路を渡る道(もちろん、このあたりに住んでる人が通り易い場所が勝手に道となったようだが。)まである。
なので、線路に勝手に入れて、電車さえ来ないうちは線路上を歩いて移動できるのだ。
そこで1枚。
線路上にて


いつ行っても、のどかな光景な場所です。

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。