迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスって…

本日、仕事で夕方に六本木ヒルズへ行きました。
仕事を終え、建物から出るともう真っ暗でいきなりクリスマスのライティングが木々に施されていて綺麗でした!
六本木ヒルズXマス支度①
六本木ヒルズXマス支度②


帰宅すると、テレビで表参道の並木にも、本日11年ぶりにクリスマス・ライティングされたと報道されてました。
あの頃、表参道沿いに勤めていたので、綺麗だったのを覚えていますが、後半はカップルが大量発生して、普段なら歩いて5分くらいの距離も15分以上かかってしまったことも思い出します。


そもそも、日本ではいつからクリスマス=カップルの日となったのでしょう…??
確かにロマンチックな雰囲気もあって、気持ちは解るのですが…なんか、古い人間としては多少なりとも違和感を覚えてしまいます。
ちなみに私個人はクリスマス=子供の日な感覚です。(苦笑)
子供のころ、ケーキ食えて、おもちゃをもらえる、1年で最高の日だったわけですから!
今の時代、大人になった私はもちろん、今の世代の子供たちもケーキなどしょちゅう食える時代だし、おもちゃもよく貰えるだろう。
でも、私の世代の多くは、子供の頃のクリスマスは特別な楽しい日だったはずです。


あと「表参道」って神宮の参道なので、クリスマスのデコレーションすることって、どちらの神様にも罰当たりなのでは??(苦笑)
スポンサーサイト

道に落ちていたハート

本日、東京の午後2時前はどんどん曇ってきて冬の様相。
雨など降らねばいいな、と思いつつ渋谷を歩いていた。
なので、雨はまだ降っていないにもかかわらず、とある路上に水溜りが乾いてきたような染みが幾つかあった。
雨が降ったのではないので、おそらくその道の前にある飲食店が水でも撒いたのが乾いてきたのであろう。
そんな水撒き後の染みのひとつが、なんとハート・マーク!
いいオッサンが、こんなものを撮るのも気持ち悪いと思いつつも、つい写メってみました。(苦笑)
ハート


第855回「暖房器具は何を利用しますか?」

東京は寒い日、天気の良い日が毎日順番で変わってるようなこのごろです。
昨日、暖房の準備をしたのでそのことでも書こうと思ったら、トラックバック・テーマも「暖房は何を使用する?」なので、それ含めて記します。


昨日、暖房=エアコン掃除をしました。
フィルターや冷却フィン、吸い込み口はきれいにできたが、奥の方にあるカビがうまく取れない。。。
それでも昨日は夕方になると我慢できないほどに冷えてきたので、この秋冬初のエアコン(=暖房)を入れた。
フィン掃除用スプレーやフィルター掃除に芳香剤が含まれていたので、いい香りもしてきたが、埃やカビのせいか、咳も出る始末…。
しばらくしたらすっかり慣れましたが。


現在の家に越してから10年経つが、自分の部屋の暖房はこれまではエアコンだけ。
しかし、手足など末端冷え性な私には、実は「ドライヤー」が重要な暖房器具なのです!(笑)
ドライヤー無くして、秋冬は越せません!!
ただ今年は、母に貸してあった1畳ほどのホット・カーペットを「もう使わないからいいわ」と戻ってきました。
なので、ドライヤーを暖房代わりにする回数がちょっと減るか??


ちなみに、居間では、ガス・ファンヒーター、こたつ、ホット・カーペット、エアコンと4つも暖房器具があります。
(もちろん、それを全て同時使用することはありません!)


この冬、皆さんはどのように暖かく過ごすのでしょう?


来年大金を手に入れる?!

昨日の話だが、今、仕事でお世話になっている女性社長が占い系が好き、且つ詳しく研究しているとのことで、私に「来年はすごくお金が入って来るのよ!」と言う。
私が、半信半疑で笑っていると、「ホントだから!絶対だから!!」と声を荒げる。
こちらが「ホントに~?」とまだ本気にしていなかったら、「じゃあ、じゃあ、来年の11月17日までにどうなってるか忘れずに書き留めておいてよ!」というので書いてみた。(笑)


でも、「入ってくる分、出ていくから、お金持ちになるというのとは違うけど」と付け足された…。
まあ、家のローンもあるし、年金も免除にしなきゃならないし…。
どお、なるンでしょ??


親友からの電話

今日、高校~大学と一緒だった私の親友から、久しぶりに電話がかかってきた。
相変わらず、いつもの陽気な声だ。
私が彼に貸していたものを返してくれるのに、久々なので念のため住所確認をしようと思ったらしい。
貸したものを返してほしいと前に催促していたらしいが、その催促をこちらが忘れているのだから情けない。(苦笑)


なぜ、そんなかなり前に貸したものを、その返却さえこちらが忘れるくらい経ったものを、彼が返すという行動に至ったかと言うと、年内で東京を離れて奥方の出身地の岡山へ引っ越すのに荷物整理をしていたら私の貸したものが出てきたようだ。


そして、その引越しの理由は、彼がこの2年ほど血液の癌にかかり、闘病していたことによると言う。
…あいつがそんな大病をしていたなど、全く知らなかった。
血液の癌ということで、抗がん剤を定期的に打つことで、一応は普通の生活は出来ているらしいが、一時期は入院したり、薬の副作用で体毛が全て無くなってしまったりと、結構大変なこともあったらしい。
広告代理店でかなり忙しい日を送っているという話を聞いたのは、もうどのくらい前のことだったろう。
相変わらずのままで過ごしていると疑ってなかったのだが…。
とりあえず、岡山へ行く前にメシを食おうと約束し電話を切った。


親友の健康と彼の家族の平穏を願わずにいられない。


アリス再結成LIVE@日本武道館

一昨日、井上陽水の40周年コンサートに行ったが、本日はアリスの再結成公演を観に日本武道館へ出かけた。


確か中学生の時だったはず、一度だけアリスのコンサートを観に行った。
当時の同級生と3~4人で行った。
「冬の稲妻」などのヒット曲が出た直後のツアーだったと記憶している。
この時の模様は『栄光への脱出』というライヴ盤になった。
あの時、アンコールの曲中で谷村新司が「さあ、みんな横の人と手をつないでー、ハンド・イン・ハンド!恥ずかしくなんてない!さあ~!!」みたいな事を言って、場内は盛り上がったたが、私はこっ恥ずかしくて出来なかった。
確か右側は同級生だったが、左側は20代と思われる女性だったので、当時は今以上にシャイで純な私は「早くこの曲終わってくれ!」と心の中で願っていた記憶がある。


さて、あれから30年もが流れ、再び武道館でアリスだ。
過ぎた年月の長さを思い知ったのは、武道館内で席を探して右往左往し通路を塞ぐ初老の多さだった。(苦笑)
みんな久々か、また初めて来たと言う人もいるんでしょう。
武道館の方角(東とか南西とか)と列と番号がよく判ってない。
やっと自分の席に着くと2Fの南、前から4番目でほぼ真ん中。
観易い席です。
武道館内こんな感じ
この画像で判るでしょうか?
ステージの裏側(北、北西、北東)も客を入れてるのです!
いやぁ、60過ぎの人のコンサートで、50~60歳くらいの客層で、北エリアも開放するなんて、信じられません!!


18:01―場内が暗くなった。
アリスの3人がステージへ!
歓声と喝采!
いざ、演奏開始だ!!
ん?よく知らない曲…。
おそらく初期の頃のアルバムの中の1曲なのだろう。
続いて「愛の光」を披露し、挨拶へ。
ただいま、帰ってきた、という単語が頻繁に出てきたが、このツアーは「ALICE LIVE ALIVE 2009~I'm home」と題されていたのもそんな思いからだろう。
谷村新司が喋ると、その合間合間に堀内孝雄が昔ながらの漫才のような「あらー」とか「そうねー」とか合いの手を入れてきたり、話に加わってきたり、相当な喋りたがりだ。
あれ?前はこんなに喋る人だったっけ?(なんか陽水のよう。笑)
その後「アリスの飛行船」とその後も3人だけで初期の頃の作品ばかりをやる。
しかし、歌が終わる直前に毎回「ありがとー!」、「サンキュー!」、「イエーーーーイ!」と堀内孝雄が、まさに現在のあのまんまに付け加えるのがだんだんウザくなってきた。(苦笑)
知らない曲が続く中、「秋止符」のイントロが始まると拍手が!
70年代短調フォークの名曲だが、今度は1コーラス目を堀内孝雄が歌い終わるや「ありがとー!」ってそういう感じの曲じゃないでしょ!
結構、KYな人になってて悲しい…。


今回、ライヴに来た人たちと思い出を作るために、新曲を作詞・作曲アリスとして作ったので、それを毎回各会場ごとにパートを換えて歌ってもらい、それをレコーディングして来年発売すると言う。
先に書いたのと同じように、とてもこっ恥ずかしい気分に…。
しかしながら、練習で客席が蚊の鳴くような声で歌うと、煽て上手な谷村・堀内の両名のMCで数回の練習で客席内はまあまあの出来!
もちろん、私は一言も歌いませんでしたが…。
ああ、30年前の手繋ぎに続き、今回の合唱、なんでいつも恥ずかしいことすんの!
そして、1部の最後の曲はデビュー曲の「走っておいで恋人よ」ですと歌う前に案内すると、この曲が終わるや、多くの客(ほとんど女性)が一斉に客席から場外へ走って行く!!
たぶん、トイレでしょう!
並ぶのが嫌なんでしょうね。
まだ、アリスの3人がステージで各方角のお客さんに挨拶しているにもかかわらず、相当数の人たちがトイレを目指して走って行った!!


15分の休憩後、2部スタート。
堀内が「2部はノリノリだよーっ!」と言ってスタートするも、またもよく知らない曲が2曲続く。
が、2曲目は「ブライ」という曲な気がする。
そして、ここで「冬の稲妻」が演奏され、続いて「涙の誓い」、「ジョニーの子守歌」、「過ぎ去りし街角」、「狂った果実」など一気にシングル・ヒット曲を披露。
そして、「今はもうだれも」、「帰らざる日々」や「遠くで汽笛を聞きながら」(名曲です!)もはさみ、最後は「チャンピオン」で〆た!!
アンコールは「さらば青春の時」で全てのメニューを終えた。


面白く感じたのは、比較的静かな曲では堀内孝雄の声が通るが、アップテンポの曲だと谷村新司の方が声が通ったこと。
そして、矢沢透のMCとドラムがこんなにいい味があるとは昔は気づかなかった!
時を経て、また新たな角度でアリスを楽しめた。


今度行くコンサートは陽水の40周年に続き、南こうせつ40周年記念のコンサートです。

井上陽水40周年ライヴ@国際フォーラムA

みなさんは日本の「フォーク歌手」、「シンガーソングライター」でベテラン3人を挙げろと言われたら誰になりますか?
私は、井上陽水、吉田拓郎、小椋桂になるかなぁ?
人によっては、その前に小室等、荒木一郎、岡林信康、高石ともや、だろ!
あるいは、小田和正、さだまさし、南こうせつ、松山千春、だろ!
と言う意見もありそうですが…。
それは人それぞれと言うことで。
で、個人的に挙げたこれら3名のコンサートを直接観たことがまだありません。


それで本日は、井上陽水のコンサートへ初めて足を運んでみました。
フォーラムAは5,012席。
ここを明日も含めて2日間満員にするのだから流石だ。
しかし、客層は高齢で、言い方は失礼だが、演歌のコンサートにいそうなタイプのお婆ちゃんも多かったです!
それでもみんな開演にはほぼきちんと来ていたようで、席は埋まっている。
と、言っても1Fの前半なので、2Fは全くわからないが…。
1Fの前半と言えども23列目で、普通の会場なら最後列だろう。


19時7分、コンサートは始まった。
まず「Happy Birthday」。
聴いたことのある曲だが、これから来るとは…!

陽水と山下達郎のコンサートは音が抜群に良い、と前に聞いたことがあるのだが、正直酷い出音。
耳に入るところで音が割れている。
しかし、2曲目に入ったあたりではしっかりとバランスの良い音に仕上がってきた。
流石だ。
続いて「青空ひとりきり」と2曲終えて、挨拶。
40周年で、こうして多くの人に集まってもらって感謝している、というのと、振り返ると多くの曲があるので結構選曲が大変だ、ということを言っていた。
そして「闇夜の国から」、「メイク・アップ・シャドー」と2曲終え、陽水とギタリストでアコースティック・ギター2本で「断絶」を歌った!
歌い終えると、いきなりマイケル・ジャクソンの「ヒューマン・ネイチャー」のサビをアカペラで歌い出したと思ったら「最近、いろんな方が亡くなりますねー」と語り出し、忌野清志郎について語るのだが、陽水がしゃべるとひょうひょうとしているので悲しくない。
むしろ会場内で笑いさえ起こるのだから不思議だ。
ここで「帰れない二人」を歌う。
やはり名曲だ!
ここからは、多少順番は不確かだが、以下のような選曲。
「カナリア」
「とまどうペリカン」
「ジェラシー」
「リバーサイド・ホテル」
「飾りじゃないのよ涙は」
「新しいラプソディー」
「クレイジー・ラブ」
「最後のニュース」
「限りない欲望」
「氷の世界」
「少年時代」
等、代表曲ばっかりを続けた。
途中、1曲だけタイトルがわからない曲がありましたが…。
アンコールでは、過去のプロモーション・ビデオやCM(あの「お元気ですかぁ?」というのも!)を合わせたアニヴァーサリー的ビデオを流し終わると、「アジアの純真」を演奏!
続いては「これは新しい曲なので、皆さん知らないと思いますが」(笑)と言い「ラヴ・レインボー」という曲を披露し、ここで「夢の中へ」を演奏!
ここで場内総立ち!!
演奏が終わって、ステージ上に皆いる状態で、アンコールの手拍子が鳴り止まない。
そしてそのままラストに「いっそセレナーデ」を歌って〆た。


しかし、60過ぎて声がよく出ます!(年々、粘着質な歌い方が強くはなるが)
「ライブ もどり道」が井上陽水の最初の出会いなので、個人的には随分喋るし、垢抜けた―もう誰もが知ってる現在の井上陽水を生で見て、40年の時が人を変えるもんだな、と思ってみたりした夜でした。
あの頃の「心もよう」とか「人生が二度あれば」とかはもうやらないのかなぁ?
あと、中期の「なぜか上海」も好きなんだけど…本人もMCで、全ての曲はさすがに出来ないと言ってたけどね。


帰宅したら、NHK「SONGS」で陽水を4週にわたり紹介すると放送していた!
また12月には日本武道館でツアー・ファイナルを終えるようです。
この時は、ゲストとか来そうだな~。
娘の依布サラサをはじめ、奥田民生、パフィー、高中正義、オダギリジョー、あたり臭うな~!


ちなみに、13日の金曜日は「アリス」再結成コンサートに行って参ります!



小島さん…「SUPER SUPRISE」今凄かった~!

今、テレビを見ていたら、例の英国女性殺害の市橋という男と思われる人物が確保されたというニュース速報テロップが出たので、何かニュース番組で詳細を放送しているかと思い、チャンネルをガチャガチャしていたら(実際にはガチャガチャではないんだけど、この世代はこの言葉が自然なのです。苦笑)、日本テレビ「SUPER SUPRISE」が早速報道していたので、見ていました。


日本テレビのスタジオから、大阪府警内で大阪府警担当者の小島さんという男性に呼びかけた。
その後、大阪府警内の小島さんに画面が変わったら、スタジオの呼びかけが聞こえなかったのか、周りのスタッフに指差して「それさぁ~、」みたいに言っている映像が映り、慌ててスタジオに画面が切り替わり、再び呼びかけると小島氏は緊張の面持ちで状況を伝えだした。
内容は「容疑者と思われる男が警察に捕獲され、本人かを確認中だがまだ決定ではない。本人と確認できたら、千葉県警へ移される予定」というような旨を2度ほど繰り返したところで、日本テレビのスタジオから再び呼びかけると、やはり音声は通じていないのか、またも同じ内容を繰り返す。
切りのよさそうなところで、またまた日本テレビのスタジオから「小島さん!」と呼びかけるも、小島さんは聞こえないのか、それとも舞い上がっているのか、何度も何度も同じ内容を息継ぎする間もないほどにリピートを繰り返すばかり!


ついに、小島さんが喋っている途中でブツ切りになり、日本テレビスタジオで概要を繰り返して終わった。
ちょっとした放送事故なのだろうが、なんか凄いシーンを見た。
いやぁー、大阪府警担当の小島さんは可愛そうだなー。
あれ、きっと暫く話のネタにされちゃうんだろうなぁ。


市橋容疑者が捕まり、相当の裁きが下ることを願っています。

せっかくの日本シリーズに水を差す始球式

日本シリーズ、いやぁ、いいですね!
ジャイアンツの強さはやっぱホンモノだなぁ、と思ったり、ダルビッシュ投手の存在感と彼の非凡な才能を改めて認識したり。
ともに1勝1敗。
どっちが勝っても不思議でないな、とここまでテレビ観戦して思いました。
明日以降が楽しみ!


…と、思っていたら、なんと水を差す話をさっき見つけてガッカリ。
明日の東京ドームでの始球式はオバマ大統領の前に同じポジションにいたブッシュだそうです…。
なんで???????????????


小泉純一郎が今も日本の総理大臣なら解るが、今や民主党政権で鳩山総理大臣の今、何故?!
または、ブッシュが今も総理大臣で日本に来ているなら解らなくも無いが…。
わざわざ、あの“バカ”ブッシュを呼んで始球式を行なおうと考え実行しているのは、日本プロ野球??ジャイアンツ??
いずれにしても、ここまでいい試合をしてきた2009プロ野球日本シリーズに水を差す、KYな人選をした阿呆にボールでもぶつけてやりたいですわ。



プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。