迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の縁

 昨日・今日の2日間は、今までに仕事をした知人たちから電話がかかってきたり会ったりと密度の高い2日間だった。
 ありがたいことに全ての人が、私が昨年末を持って失業したことを気にしてくれてのことだった。


 過去3回失業した時に毎回思うのが、「自信を失う」ことと「誰かが助け舟を出してくれる」ことだ。
言い換えれば、「捨てる神あれば、拾う神あり」と言ったところか。
 失業時は「今後、孤独な人生でも構わないさ」と思うのだが、誰かが「こんなので良ければ、どう?」という話があるのが不思議だ。
 失業は、今までの自分を否定されると同等なので、「自分が駄目な奴」だから出た結果だと思ってしまうが、誰かが自分の知らないところで評価していたんだと思うと本当に嬉しく思う。
 自分が思う以上に人との縁というものがもたらすものは多いと、改めて思う2日間であった。
スポンサーサイト

ダイエットその後(ロードワークとスレンダートーン)

 昨年の春、自己最高体重の60.5キロを記録。(もともと痩せ型なので55キロ未満でずっと過ごしてきました。)
初夏ごろから夏までに走ったりして7.5キロ(最高で)も落としたものの、夏に就職して通勤生活に入り、走る機会が減り、且つ付き合いメシが増えたことでまた少しづつ腹が出てきたのが昨年の秋。
 そこで「スレンダートーン」などという腹筋を低周波で刺激するグッズを買ってはじめたものの、12月に入るとそのスレンダートーンの使用も途絶えてしまっていた。
(途絶えて理由は2つ。
1つは、12月のほとんどが腹の調子が悪くなり、折りしも忘年会などの「催し」があるので、控え気味になった事。
2つ目は、低周波を伝えるためにの粘着パッドがあるのだが、それが冷たい!冬なので当たり前なのだが、それが調子の悪い腹に当たると、それだけで腹が痛くなる始末。…パッドを暖めるには師走の日々では面倒であった。)


 しかし、今年からまた失業生活で時間もあるので、再びロードワークとスレンダートーンを再開した。
 基本的には、朝起きるとまず寝床にスレンダー・トーンを入れ自分の体温でスレンダートーンを暖める。(笑)
そのまま布団の中に入れっぱなしにして、とりあえず朝食。
その後、スレンダートーンを1セット(30分)行なう。
朝は、強さは55~65の強度。
 そして午前10時代か11時代にロードワーク。
前と変わらず、「走る」と「歩く」を4~5分ごとに交互に行うこと1時間弱。


 正月にはやはり餅や酒だのとそれなりに高カロリーのものを摂り込んでいるので、56.5キロまで増えていた。
元々、体重の増減は日によって動くのがしょっちゅうな体質だったので、日によって体重が違う…。
今年に入ってからは54.5キロがもっとも最軽量であったが、ここ何日かは55.5キロで落ち着いている。
 ま、正直言うと、体重はこのままでも、もっと言うと増えても良いのだが、変な腹の出方(へそから下がプクっと出ている)が治まってくれれば良いのだが…。
 やはりもうちょっと本格的な腹筋運動をしないといかんのだろう。
しかし、腰痛持ちゆえに上体を起したり、足の上げ下ろしの腹筋運動は避けたいので、はがゆいところでもある。
 ちなみにスレンダートーンは落ちた腹筋にもう一度張りを戻すことは出来るが、そこから強い腹筋になるかと言うと正直疑問だ。
ただ、まだ長期に渡って毎日続けてきていないので、1年くらい続けてみないと断言は出来ないとも思う。
(現在強度は65~90くらいで、その時々で加減している。ちなみにスレンダートーンは最大99まで強度を上げる事が可能です。)
 とりあえず、失業中は可能な限り毎日「ロードワーク」と「スレンダートーン」を続けていきたい。

坂本!出直せ!!

 自民党の総務政務官という役付けの「坂本哲志」という男が、仕事を切られ住まいも奪われ、年越し派遣村を頼っている人々に「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まってきているのか?」とのたまい、ニュース報道でこの件を取り上げられるや、本日お詫び会見をしたそうな…。
 ほんとアホですわ!
いやぁ、世の中を見てないくせに政治を行なおうという人がホント多いんだね~、政治家どもは。
やっぱり権力に憧れている人たちが政治家になるのであって、国民生活を守ろうと言うのは、あくまで利権が合致した場合のみに考えているのでしょう。


 この坂本という輩、実は昨年も、7月29日の衆議院議員熊本3区補欠選挙に当選した際、2007年7月30日付で「当選再起を果たすことが出来ました。本当に有り難うございました」とウェブサイトに掲載し、公職選挙法178条違反の指摘を受けるや、謝罪したそうな。
宮崎県があれだけ頑張っているので、同じ九州の熊本県の方々もがんばりたくても、こんなの出すとモチベーションも下がることでしょう。
 でもって、そのホームページにあるマニフェストには「より活力のある社会へ、そしてより安心できる生活へ」ですって。(大笑い)
いやぁ、お前には出来ないって、そんな考え方と言動では。


 坂本哲志をはじめ政治家に訊こう「本当にまじめに働こうとしている人たちが政治の場に集まってきているのか?」
 ま、坂本くんは、反省として政治・職・住まいを一度放棄し、派遣村で一緒に生活をし、猛省の上、やるべき事が見えたら、熊本に戻って出直しなさい。
それの方が、有権者も再度君を選ぶ際に胸を張って選べるであろう。



 

万馬券当てた人のゴチに

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって良い1年でありますように!!


本日夕刻、知人から電話が入り、いきなり「今夜何してます?」と訊いてくる。
「いや普通に家にいますが、何か…?」と尋ねたら、「先日の有馬記念で万馬券当てたので、奢りますんで飯食いましょうよ。」と!
ええー!万馬券!
新年早々縁起の良いお誘いなので、ありがたくご馳走になりに行く。


場所は新宿で、当初はその方がたまに行っていた寿司屋へ向かったが、ナ、ナント!その店のあった場所が駐車場に変わっていた…。
いやいや、世の中は動いている事を二人で実感し、店探しに歌舞伎町を徘徊。
なんとなくちょっと高めな割烹テイストな居酒屋(?)にてご馳走になりました。


で、万馬券っていくらになったのか訊くと、「¥2,200,000」との事!
げ!!220万円!?!
いやー、自分の知人で7桁の当たり馬券ははじめて聞いた。
しかし、もう少し考えて買っておけば900万円くらいになったそうだから、すごい話である。
結局、馬連と三連複とが当たったらしく、他にも目をつけた馬の流し・組み合わせで総額¥25,000を買った中から220万円なので素晴らしい。
自分は競馬はやらないので、詳細に関しての面白さは、話を聞いていても今イチ解らないが、それにしてもすご過ぎる!


新年早々、めでたいご祝儀をいただけた今年、いい事があるといいな~!

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。