迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部門が会社を出て独立する?!

 久々の「仕事」に関する話。
 

 私の仕事の形態は、とある企業の1部門と直接個人契約で仕事を請けている。
つまりあくまで「個人事業主」の私の収入は、企業の1部門に割りふられた予算の中から、部門長決済として私への労働報酬が毎月定額で支払われるという形です。
 仕事で電話などする際は、本来ならその部門についているブランド名というかプロジェクト名を名乗り、先方の話したい方に電話を繋いでいただきたいのだが、その名前が割りと長い名で、何度も聞き返されることもよくあったので、その部門の入っている社名を名乗るようにしてきた。
 そしてその企業は一応一部上場企業ではあるので、自分の仕事をしている業界では割とその社名を名乗り「☆☆(社名)の○○(自分の名)」と言えば、電話などでもスムースに対応いただけたりするので、大変に楽というか助かる。


 しかし、昨日にその部門長と差しで飲みながら話をした際に、その部門が現在のその会社から出て、完全独立するという。
 大幅な利益があっての独立ならまだしも、正直やや赤字かギリギリ±0という状況だと思う。
話をきくと、その企業はこれまでトップ経営者のワンマン経営が幸いにいい形で会社をここまで大きくしたのだが、その経営者が引退するにあたって、次の世代に完全にバトンタッチするという。
 実は私に仕事を発注している部門長はそのトップ経営者と旧知の仲で、この企業内の1部門としてこれまでやってきていたところがあった。
 しかし、その経営者が離れるにあたり、超大型組織変更を行なうことが決まり、私が仕事を請けているその部署の仕事内容も白紙またはかなりの縮小、ただでさえ少ない数名のスタッフさえ人事異動にかかわる方向になることが、次期上層部の中で内定しているようなのだ。
 そこで、その部門長は、なら、その企業を出て独立してやっていこうと決めた、という。
そして、そこの部門の社員スタッフや、私のような外部スタッフたちも、引き続き同じ形態で仕事をしていく方法をとる、ということを前提に独立することに決めたと説明してくれた。
 ありがたいし、今まで以上に力になりたいとも思うが、不安もよぎる。
本当にみんな食っていけるのか?
その部署は、元々、現在の部門長がたった一人で6年ほど前に立ち上げて、会社登記して始めたので、その人自体、今の仕事を独立してやってきた経験はある。
全くの初の独立ではないが、今の混沌とした世の中では、そう上手く行くことがあまり無いので、心して頑張らないと。


 もう、この7月には独立してのスタートになるとのこと。
ん~、昨年とはまた違った「大変」な夏になる。
スポンサーサイト

MRI

 年末から急激に痛みを増してきた右肩の詳細を調べるためにMRIをとった。
 昨年はじめて人間ドックを行なった際、MRIは経験済みだったが、今日入ったのはその10倍以上も長いもので入ってから失敗したと思った。(苦笑)
 MRIを撮る前に廊下で待っていたら、そこここに「非常に大きな音がしますのでご注意下さい。」と貼り紙がある。
 中に入って、服のままで撮れるようで、GパンとTシャツ姿でOKだった。
しかし、ポケット内のもの、めがね、時計は外すよう指示された。
そしてここで技師からも「工事中のような音がしますからご注意下さい。」と言われた。
幸い肩を撮るので、音楽が流れるヘッドフォンを被せられた。
エレベーターで流れてるようなソフトなムード・ミュージックのような音楽が流れてくるが、音質が悪く薄っぺらな音だった。
 そして台に仰向けになり右肩に何か装置を付けられ、台ごと中に入るとすぐに「バチン!バチン!」、「ブチブチブチブチ…」、「ドドドドドドド…」、確かにデカい音が続く。
 その音が鳴ると、ベルトのバックルにその振動が直撃し(ベルトを取れとは言われなかった)、腹に低周波の電気を流されているかのような衝撃が来る!
 ちょっとしたアブフレックス=腹筋運動のような感じである。
たまたま両手をバックルの上においたので、なんか手が感電でもするのではないかと、小心者の私は身体に力が入ってくる。
右肩が変に痛くなってしまった。
 しかし、15分は中に入れられたままとの話だったので、終わるのが長く感じる…。
息苦しさと右肩の痛みがかなり増してきて「やだな~」と思っているとようやく終了。
 今日はここまでで、結果は6月10日になる。
いやはや長い時間がまたかかるものだ。

本当に大変な方もいるのです

 今日、仕事関係の方からメールが来て、その方も一昨年「五十肩」で大変だったそう。
ちなみにその方は昨年「いぼ痔」の手術をされたというあたり、どうも私と似た箇所を患っていらっしゃる。


 前回のスレッドに、何度もコメントをいただくモモさんからコメントいただきました。
実際にはコメントでなくお願いです。
知人の娘さんが難病で費用が必要との事。
最近は、新たなる難病がどんどん現れ、多くの場合子供が犠牲者になっているようです。
 私の母も難病で現在の医療で治癒することは不可能との事。
幸い母は投与されている薬との相性が良いらしく悪化することもなく、一応普通に暮らせています。
 話は戻って、モモさんの知人の娘さんの医療費のカンパも行なっています。
モモさんのコメントからその娘さんのHPへにも行けます。
主旨をお読みいただき賛同される方は寄付をお願いします。
※もちろんこれは強制でも、薦めているのでもありません。
 各人の意志で判断・決定をお願いいたします。


 ちなみに私もホント気持ち程度のお金を寄付いたしました。


※追記:6/20にコメントいただいたモモさんから、知人夫妻の考えの変化により募金返還の連絡がありました。募金受付はやめたようです。。。娘さんのご回復を心より願うばかりです。
なので、前スレにいただいたモモさんのコメントも削除いたします。

尻の次は肩

 昨年の終わりに近い頃から、右肩が痛みだした。
もう、4年ほど前にも痛くなり、近所のクリニックへ行ったことがある。
 しかし、今回の痛みはその時の倍以上の痛みにとなった。
なので、再びクリニックへ行ったり、鍼にも行っているが、ともに治らないし、微細原因は不明。
 たまたま飲み屋で知り合った方が内科医で、どこかにいい「肩の外」(肩専門の整形外科)の先生いたら教えて欲しいと聞いたら、たまたまその方の後輩に関節外科として優秀な方がいるということで紹介された。


 その先生はいくつかの病院で仕事をされていて、最初はとあるリハビリ病院でお会いした。
(その方を待っていたらオシム元監督がリハビリに来た。)
その際、今までの状況を説明したら、MRIで見ないと微細はわからないので、また別な病院で診察していてその病院にMRIがあるので5/13に来て欲しい、と言われ行った。
 大きな病院なので、今日のところは初診のカウンセリングとMRIの予約のみ。
MRIは来週の木曜、そしてその画像を見ての診断は1ヵ月後になるという。
(全て予約が先まで埋まっているので。)


 痔ろうの次は五十肩(か?)…、年とればそれなりに身体も壊れていってくれるもんだね…。

リベンジ!「昼ビー野球」、でも、なんだかなぁ

 一昨日に「昼ビー野球」(昼からビールを飲みつつ、ひなたぼっこしながら、野球を観る)の事を書きました。
予報がはずれ天気が悪かったのをはじめ、些細な不運が続いて、駄目ぇ~な日だったことを。


 今日は、朝6時代に目が覚めた(実際はTVがつけっぱなしでその音で起きたのですが)ら、ピーカン!
 よしリベンジ、とばかりに神宮球場へ。
今日は、東都大学野球が開催されていた。
東都だと、六大学ほど人気が無いので、内野席のみ開放(全自由席)で¥1,300もの入場料金が取られるんですけどね。(ちなみに六大学だと外野席も解放してこれが¥700。)


 前に一度、東都大学野球を観にいったときの事を前にこのブログでもちょっと書きましたが(今年の3/9)、東洋大学の応援団部の男性部員がひとりで頑張っていた思い出もあるので、またそんな「いい事」に出会えたら儲けもの、という気持ちも持ちながら開場とともに入場。
 1日に2試合あって、第一試合が亜細亜大vs日本大、第二試合が立正大vs青学。
 肝心のビールだが、東都大だとビールの売り子さんがなかなか出てこない。
しかたがないので、売店まで買いに行く。
ビールを扱ってる売店は1ヶ所のみ。
キリンの一番絞りのみで¥700。
神宮だと瓶とか缶の売り子さんだと¥450とか¥500とかで売るので、それも魅力なのだが…。
(しかも、私の好きなクラシック・ラガーも瓶で扱っている。)
 とりあえず、ビール片手に観戦。
ピーカンだけど風が適度に強く、湿気のない爽やかな日だー!
「昼ビー野球」日和という言葉が当てはまるような陽気だ。
 このブログ用にと、機種変更間もない携帯電話のカメラで、ビールと晴天の球場のワンショットを撮ったりとご機嫌なわたくし。
だが…、今確認したら、データが残されていない。。。
一昨日も同じこの携帯で撮ったのに、何でだぁ~?


 試合は、第一第二試合とも完封試合で、それぞれ日本大学、立正大学が勝った。
以前、応援団に感動したこともあり、試合だけでなく応援団の方もチラチラ見ていた。
そうしたら、第一試合で亜細亜大、第二試合では立正大に応援部は来ていたが、日大と青学には応援部は来なかった。(青山学院大学は前に観た時も来てなかったな)
 で、亜細亜大も立正大も男子応援部員は一人しか来ていない。
東都大野球だと応援部も一人しか派遣しないのかもしれない…なんだぁ…。
東洋大の一人の応援部員に感動したのが、馬鹿みたいだ・・・。
でも、あの時の彼の方が、ガッツがあった。
決して、今日のそれぞれの大学の応援部員にガッツが無いと言っているのではない。
あの時の彼の方が私の胸に響いたと言うこと。


 でも、あの日の感動が薄れ気味になったのと、一昨日できた携帯での撮影が今日できなかったのが、なんだかなぁ~…という感じではある。
溜飲。

「痔ろう退院後記」⑰~思えば退院して8ヶ月

 2月22日以来の痔ろう経過報告。
昨年の8月末~9月初旬に痔ろうの手術・入院をした。
思えば退院して8ヶ月が過ぎた。

 私の場合、悪化する前の除去手術だったが、その除去がレーザーメスで肛門後部の割れ目の表面部を切開して中の腫瘍を取る形でした。
 術後、その切開の傷痕がくっついても表面の皮膚が薄く突っ張るような痛みがかなり続いた。
なので、用を足した後もトイレットペーパーで拭く時は強く拭かずに押さえるように拭き、その分ウォシュレットを術前よりは長時間使用していました。


 ところが、この1週間くらい気づいていたのだが、術前のように用を足した後は拭いている。
もう、以前と同じように暮らせている!
 患部は、先に書いたような痛みというか違和感は、直接押したり伸ばしたりすると感じるが、まあ何の問題もない。
ただ、尻を見ると、患部はまだ浅黒いような色の皮膚だし、術後に毎日封筒大ほどのガーゼを止めるために尻っぺたに貼ったテープの後も多少だが痣のように残っていた。


 術後1年くらいで、もう前と寸分変わらないに等しい状態に戻るのかな?
いやぁ、1年なんてあっと言う間に過ぎ行く気がしていたが、痔ろう術後の1年って言うのは長く感じます。


 続く。

まったく駄目駄目な日…

 先日書いたように「昼ビー野球」(昼からビール、ひなたぼっこ、野球観戦の一石三鳥企画)を本日決行と行って参りました。


 昨日の15時くらいの段階で、明日(つまり今日4日)の関東エリアの天気予報は夏日に近い「晴れ」で紫外線が高いと発表されていた。
 そこで、よし明日は「昼ビー野球」をしようと決意。
なので、床屋さんへ!(笑)
(実は、毎年この時期に思いっきり短髪にするのです。)
短髪で行けば顔の正面だけでなく、横側や後部(首のあたり)もちゃんと焼けるだろうと思ってのこと。
もう、この段階で我ながら気合が入ってる。(笑)
 そして、観戦場所は千葉マリンスタジアムに決めた。
ちょっと遠いが、せっかくのGWなので遠出もありか、と。
で、昨晩のうちにネットで内野自由席(2F席のややサードくらいの前の方が私にとってのベストポジションなのです。)も予約!
(前は2000円くらいだったと思うが、優勝した頃から2300円になったと思う。)
 そして気合を入れたまま就寝。(?!)


 今朝、起床時の7時くらいでは曇り空。
でもまあ、9時くらいから急に晴れることもよくあるし、と思い軽く朝食をとろうかと思いきや、腹の調子が変。
下痢気味…。
まぁ、下痢気味はよくあるしと朝から正露丸とストッパを飲み出発。
なんか気分が高揚しない。
 自宅の最寄駅からスタジアムの最寄駅の海浜幕張駅までは快速等を使っても1時間以上はかかる。
GWなのに(だから?)乗り継いだ3本の電車は混雑していた。
そして海浜幕張駅を降りると、曇り空はさらに重く、ひんやりとしてる…。
今日は失敗だと気づく。
それでもスタジアムへ行き、場内へ。
千葉マリンスタジアム
今朝11時半くらいの画像です。
本来なら画像の鉄柵より前で見るのですが、この嫌な天気に屋根が張り出しているところの最も前の位置に座る。(鉄柵が邪魔だな、やはり。)
普段なら、この席だと球場の外野席上部にある窓から水平線や沖行く船なども見えるのです!
しかし、曇り空なので、水平線との境も今イチな眺め。
そしてこの後、霧雨が降ってきたのです。


 やがてプレイボール。(あ、忘れてましたが、今日はマリーンズvsライオンズ)
ビールが欲しいなと思うタイミングで欲しい銘柄の売り子が来ない…。
なんかイライラする…、心は沈みがち…。
 しかし、13時頃にちょっとだけど陽が射してきた。
おっ、これから一気に天晴れか?と嬉しい気持ち半分、今座っている場所では満足にひなたぼっこが出来ないと焦燥感半分。
晴れてきた。。。
 しかし、それも束の間。
天気はまたしても分厚い雲が覆ってしまった。 
 また試合結果言うと、4-0でライオンズの勝ちでしたが、得点シーンは全て見てない…。
トイレ中、食事の買出し中、居眠り中…、もう「…」がやたら多く出るくらい駄目駄目です。
 こんな気分でマリンスタジアムを後にしながら思ったのは、今の経済状態を思うと今後はマリンスタジアムでの観戦は封印しようと…。
 さらば、千葉マリンスタジアム…。


 電車に乗り、2駅となりの「南船橋駅」で降りた。
来る時に「IKEA」を見かけたからだ。
IKEAはスウェーデンの有名な超大型生活雑貨店で、そのセンスとリーズナブルな価格で大人気である。
 実は今はスウェーデンに多くかかわる仕事を請けているが、まだIKEAに行ったことが無かった。
なので、寄ってみた。
1Fに入ると広い子供の遊び場があり、スウェーデンらしい気配りと対面。
そのまま1Fから見ようと思ったが、やはり上から降りていく方がいいだろうと思いエスカレーターで上の階へ行く。
 建物は6F建てくらいに見えたが、売り場は2Fまでのようだった…。
それでも、やはりデカい!!
商品も安くて、センスも良い!!
しかしながら、私は特に必要なものも無いので、前から聞いていたスウェーデン名物でIKEAの名物でもある「ミートボール」を食そうと2Fのレストランでスモールサイズ(ミートボールの大きさでなく数が少なめ)を頼む。
 んー!美味い!
冷凍食品なのだが、超Aランクの冷凍食品だ。
本国よろしく、クリームソースとりんごベリージャムが添えられてきた。
このソースも美味く、ミートボールとの相性も良い。
りんごベリージャムも美味いが、ミートボールと一緒でなくても良い気がする。
 食べ終わったので、1Fを周る。
すると1Fに食料品も置いてあったので、ミートボールを買おうと行った。
他にどんなのがあるかと思い周っていると、あ??…ミートボールの試食販売をやっている!
「クソ!ここなら無料で食えたのに~!」
 やっぱり、先に1Fから周っていれば良かった…。
今日はホントに駄目だぁ。


 そして南船橋の駅に行くと、丁度、電車が!
お、ちょっとラッキー?と思う。
そして、乗り込むと乗客で埋まっていた車両から結構降りる。
やった、座れた!と思いきや、まだまだ降りる人がいる…。
「次の電車を待って、そちらが先に東京駅に着くのかも?」と思い降りたら、ドアは閉まり出発。
 残念な事に、次の電車は10分近く後だ。
すると、ものスゴく強い日差しが雲の切れ間から射してきた…。
帰りの南船橋駅
もう駄目の「ダメ出し」追加である…。
 そして来た電車は快速で大混雑…。


 GW中、一番楽しい日になるかと思ったが、まったく駄目駄目な日でしかなかった…。

 

元気があれば何でもできる、再び

 今しがたテレビで「笑っていいとも」を見ていた。
ここんとこずっと「テレフォン・ショッキング」のコーナーに入る時に決まって、番組ホストのタモリ氏が客席とのコール&レスポンスのお約束がある。
タモリ氏が客席に「○○○ですねー?」と尋ねるとお約束で必ず「そうですねー!」と言う。
何を訊いても、客席は「そうですねー!」と答えるのである。
 たまにタモリが悪戯で「そうですねー!」と答えるのが不自然と思える上の句(?)を言って、客の反応を見るのだが、今日は(前もたまにやったけど)「元気があればー、」と言ったら、観客は「何でもできるー!」としっかり答えていた。


 昨年の9月26日にも書いたことのほぼ再掲になりますが、自分に喝を入れるとともにフラットな気持ちにもなれるようにつぶやくと言うか自分に言い聞かせる言葉がありまして、それが「元気があれば何でもできる!」なのです。
 もちろんこれはアントニオ猪木氏の口癖である。
「気」と言うのがよく人の持つ未知なるパワーのように言われますが、そうだなぁとたまに思ったりもします。


 それを前提の話。
以下、ちょっとマジに思ってるんです。
「元気」って「元の気」だから気がフラットな状態。
だから「1」とか「プラス・マイナス0」とかっていう状態。
「元気」ってものすごくパワフルな状態みたいに思うけど、「気」が活発なのは文字通り「活気」。
逆に弱ってる「気」が「病気」で、気が病んでいる状態。
 だから「元気」を出すのはフラットでいられる事、自然体でいられる事なんだと。
無理をしていない、変に力を入れていない。
だから「0や1なら何でもできる」という事。
あと、ちょっと開き直った感じもいいし。(笑)
 元気をもうちょっとだけ前進させられたら…それがきっと「勇気」なんだろう。
またも猪木の言葉で言うなら「踏み出せばその1歩が道となる」ってところでしょうか?


 勇気を出すことにまだまだ躊躇してしまう小心者ですが、元気なら前向きに考えられるようになりたいな、と思っています。
 皆さんも試しに言ってみてください。


「元気があれば、何でもできる!」

ゴールデン・ウィーク何できるかなぁ?

 気がついたら5月。
ゴールデン・ウィークにも突入。
もはや、フリーとしてはゴールデン・ウィークの平日に休みを取ったりして、旅行やまとまった休みを満喫するということは無い。
(もっとも、会社勤めの時もそれほど休んだことは無いが…。)
 しかしながら、やりたいことややり残したことは多々ある。
読みかけの本、留守録してみてないビデオ鑑賞、仕事上の細々した整理、そうじ、髪を切る、機種変更した携帯の機能確認、誕生日プレゼントでもらったDSの使用、等々。


 それでも、この4月の休みでは27日はプロレス、29日は総合格闘技を、それぞれ観戦したりとデイリーでのイベントはあった。


 あとは、お気に入りの「昼ビー野球」をしたいところ。
「昼ビー野球」と言うのは、個人的に一石三鳥なもので、「日光浴」と「昼のビール」と「野球観戦」を一度にする。
 そもそもは、天気のいい休日に外で昼からビールを飲みてぇ、と思ったのがはじまり。
ただ、公園や散歩しながら缶ビールを飲むなんていうのは、不審者扱いされそうだし(笑)、日光欲をゆっくりするには退屈してすぐ止めそうだし、などと思って、考えついたのが「昼ビー野球」。
 ドームでない野球場のデーゲームを見ながらのビール!完璧でしょ!
日光浴しつつビールを飲める。
退屈したら目の前では野球が繰り広げられている。
酔いが回ったら、別に寝てもいい。
暑いときはもう半裸で日焼け。
 なかなかいいものです。


 それにしても、やりたいことは多いので、どこまで出来るか?何ができるか?

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。