迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タレントと政治家と国民

 最近テレビ番組は、クイズ形式バラエティーが増えたなぁ、と思います。
昔のように、歌番組やスポーツ番組が頻繁に放送されていた頃とは変わりました。
で、変わったと言えば、今の政治家もTV出演がしかもバラエティー番組が好きですねー!
ビートたけしや爆笑問題がやっているような政治ネタお笑い番組なんて、昔はホント考えられなかったですよ。
 今日も爆笑問題の番組を見ていたら、高齢者の医療費負担増の問題について論じていた。
そして出演者の鈴木紗理奈が「今の政治家の頭では解決できる問題ではない。」と言うようなことを言った!


 いやぁ、今の政治家どもの権威や信用はこの程度なんですね。
鈴木紗理奈と言えば、知性の無い自由人的な笑われるタイプのキャラだし、芸能人としても決して一流のところのポジショニングではない。(個人的にはとても好感度を持っております。念のため。)
そういう人にズバリ無能ぶりを指摘され、ヘラヘラ、ニヤニヤと笑っている政治家。
余裕をかましてるのかも知れないが、そんな余裕を持ってテレビの長時間収録にホイホイと行くなら、他にやっていただきたい事があるんですけどね。
と言うか、やるべき事があるはずですね。
 前にも、木下優樹菜の方が至極単純に正しい考え方を発言をされて、やはりタジタジ、ニヤニヤしていたこともありました。
鈴木・木下両女史やお笑いタレントさんたちを馬鹿にするつもりは無い、むしろ尊敬さえする。
 しかし、政治家とお笑いタレントのポジションは明らかに違っていた時代を生きてきた人間としては、大きな変化だと思います。


 今は「お笑いタレントや無教養ギャルタレントに突っ込まれてタジタジとしているバラエティ寄りの政治家」を見て嘲笑するのが国民の唯一の憂さ晴らしなのではないだろうか…?
 政治家は今やちょっと前の出川哲郎や山崎邦正のようにテレビでいじられて馬鹿にされるキャラのタレントなんだなぁと思っております。
ヘタなお笑いタレントよりも、彼らの政治的発言の方が笑えるくらいですから。
 そんな国では硫化水素吸って死にたくなる気持ちもよく解る…。


 ありゃ、こんなくだらん事を書いていたら誕生日を迎えてしまった。(苦笑)
スポンサーサイト

この週末、

 この週末、金曜日の夜は幹事として友人の結婚祝賀パーティーを催した。
あと二人、幹事補として頼んだが、実際は私一人で仕切った感じになった。
いや、その二人が悪いわけでなく、こちらが指示をあまり出さず自分でやってしまった感じ。
 パーティーと言っても内々のもので、居酒屋に20人近い人数のものだ。
この友人の集まりは、実はプロレスや格闘技好きな連中なので、新郎新婦には、「タッグチャンピオンチーム認定証」と「チャンピオンベルト」(!)と「花束」を用意して、さもそれらしくやった。


 明けて、土曜は叔母が心臓手術をしたので、山梨の病院まで朝から家族と移動。
もう70過ぎの老人で華奢な身体の人なので心配したが、幸いに経過良好で、むしろ普段より顔の色艶がいいくらいだった。
安心した。


 友の新しい門出と叔母の手術成功に、何か「ほっ」とした週末だったのか、日曜日は朝からめちゃめちゃ眠い1日だった。


 

官僚と政治家と国民

 元来、政治や金融というのに興味が無いという、割りに珍しいタイプである。
しかし、この何年かはホントに酷い話を多く聞きますね、日本は。
嫌でも、耳に、目にすると、考えざるを得ない。


 今、テレビを観ていたら、最も高齢な人たちの年金から勝手に医療費を盗り、にもかかわらず人によってはきちんとした医療を受けられない、複数の医師への診断が不可能というような事態になるという。
 おまけに今の総理は「全て他人事」として発言するおめでたい人物。
何を言っても、私には「みなさん、大変ですね~。私もみんなのこと考えてなくはないよ。でも難しいことはクリアできるとは限んないよー。」と言ってるようにしか思えない。
(追記:そういえばこの人、小泉内閣のときに学生時代の年金を払ってなかったとか言うのがばれて、国会で追求される前に、当時の官房長官役を降りて逃げたんだよなぁ。あれも叩けば他にデカいホコリが出るからだと思う。)


 年金問題は本当に国民への一大詐欺事件だ。
「私ら、エリート!下僕の金で潤うのは遥か昔からの慣わしですからー!」としか思っていない官僚。(私にはそうとしか映らない)
中途半端な権力しかないのに、大きな事を言っては、すべて官僚の軍門に下る政治家。
 今も日本国民は、チョンマゲを結っている時代の百姓、または大戦時に消費物として狩り出された兵士、と何ら変わりない…。

御礼2000アクセス!

 今、このページを開いたら、2010Viewでした!
毎回、キリ番を迎えるたびに信じられない気持ち、感謝の気持ちでいっぱいです。
ここに訪れた皆様にとって、ちょっとは役に立ったなら嬉しいです。
拙い内容と文章ですがよろしければまた寄って下さい。

THANK YOU!!

ゆうちょ銀行

 銀行シリーズ第2弾…って別にシリーズにするつもりはないですが…。
先日「新生銀行」の振込みに関して疑問を持ったことを書きましたが、今回は「ゆうちょ銀行」。


 またヤフオクでの買い物をしました。
で、支払いなのだが、カードをあまり使用したくなかったので、銀行振り込みにしようと、お取引先の方の口座を観たら東京に支店を持たない地方銀行だった。
郵便局(=現ゆうちょ銀行)の口座もお持ちだったので、ゆうちょ銀行のホームページで振込みの手数料を見たら¥105となっている!安い!と思ったら、口座を持ってる人同士での場合と小さく但し書きがある。(私は口座を持っていない…クソッ!)
しかしながら、そのくらいの手数料なら機械振込みでも200円程度かな?と思い、今日、振込みでゆうちょ銀行を使用した。
自分はここで口座は持っていないので現金で入金しようと機械で振り込もうとしたら、機械なのにいちいち用紙に、入金先口座・振込み先名、こちらの名前・住所・電話番号を書き込まないと機械でも振込みが出来ない!
 しょうがない、振込み用紙(2箇所だったので2枚)を書いて、機械に入れるが、何度試みても受け付けない。
なので窓口へ行くと「たまに読み込めないときもあるうんですよ…。」と言う。
「では、読み込めるようにするにはどのように書けばよいのですか?」と尋ねると
「そう言われましても、こうしたらというのは無く・・・」と言う。
窓口受付で処理させようという魂胆か??
 結局、よく解らないのだが、取引先の方の口座は「振込み用紙」では処理できない口座で(??)、別な用紙(確か公共料金支払いのような用紙)で窓口処理のみでしか扱えないという結果になった。
 それで振込み手数料がなんと!“525円!!”
2箇所あるので振込むだけで1050円もぼられた。
ひとつの商品は980円なのに、振込み手数料の方が高くつくなんて…アホらし。。。
郵政民営化の悪い面か…?それとも郵便局時代からコスト高なのか…?


 どうも、銀行、役所、といった類は行っていい気分になった事が無い。

新生銀行

 昨夜、ヤフオクであるものを落札した。
出品者への代金振込み先が「新生銀行」でした。
 そこで本日、同じ銀行から振り込めば手数料が安いだろうと、外出先のそばの新生銀行に寄った。
ATMマシンで振り込もうとしたら「振込み」パネルが無い…。
よくみると、その機械に小さな字で振込みは出来ませんと書いてあった。
「何で?」と思いつつ、ひょっとしたらもっと大きな町の支店なら扱ってるかと思い、都内の最も大きいターミナル駅のそばの同銀行へ行った。
 しかし、ここも先の支店同様に機械による振込みができない…。
そこで他の機械を次々へと覗き込んでいたら、警備員が不審に思ったのか(笑)、「どうしました?」と声をかけてきた。
そこで「新生銀行に振込みをしたいのですが」と言うと、「他の銀行から振り込んだ方が安いですよ。」とのこと。
「え?!」というと警備員さん苦笑い。
つい「ひでぇー。」と口に出てしまった。(警備員さんに対してでなく新生銀行にね)


 いやぁ、自分の銀行に簡単振込みが出来ないなんて何考えてるんだろ??????
新生=出遅れただけあって大胆な経営の銀行だな、と思ってしまった。

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。