迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は潮の満ち干き?

 昨日(書いてるうちに日が明けた…つまり29日)、「さだまさしアコースティックコンサート」(編成は、本人がVo、ギター、ヴァイオリン、あとマリンバとパーカッションを一人が担当し、他にギター、ピアノ&キーボードの計4名)なるものを観に行った。
 さだまさし氏の詞は、時に優しく、時に恥ずかしくて直視できない場合もあるので、聴く時に自分がどんな心持ちの状態かで素直に自分の中に入ってくるかどうかが微妙ではある世界です。
 ただ、色々なアプローチの詞、いくつも小説、エッセイを出版し、トークは軽妙、etc…、この人は「言葉の魔術師」だと思う。
 偶然昨日の『読売新聞』の「編集手帳」とういうコーナー(朝日では「天声人語」と言われてる朝刊の下段にある職員のコラム)でさだまさしの「転宅」という歌の詞が引用され、自身の人生を安易に終わらせたり、人の人生を簡単に奪ったりする前にもうちょっと頑張ってみないか、というような事が書かれたらしい。
 この事をステージ上のトークで話していた。
さだ氏の父親の人生の浮き沈み(それに伴う、何度か引越ししなければならなかった実話)の歌である。
その中で歌詞に「人生は潮の満ち干き/来たかと思えばまた逃げていく/失くしたかと思えばまた何時の間にか戻る…」とあるけど、まさにその通りで、つらい時ももうちょっと頑張ってみよう、と思えば何かが変わる、みたいな事を言っていた。


 「ほんとそうだよなぁ」と思う自分が5割。
「つまり、何やったって駄目なのが半分ってことだろ…」と思う自分が5割。
単純なくせに素直になれない自分がいる。
 ポジティブに生きることが良いに決まってる。
でも、現実はネガティブなことが多い。
それをも乗り越えた先にきっと「何かいいこと」があるのだろうと、頭ではわかっているが、行動が伴わない。
そして、自己嫌悪に陥る。
つまらない事が突然気になって煮詰まる自分がいる。
そんな自分とどうやって付き合ったらいいのか解らなくなる。


 でも、深度は違うにしろ、悩んでいる人がいるとやはり「頑張って」と言ってしまう。
自分は駄目でも他の人は「駄目じゃないよ」と言ってあげたい。
矛盾しているなぁ…。


 人生は潮の満ち干き…?
自然破壊でその満ち干きさえ狂いそうな現代。
その現代では、すでに人生の破壊がはじまってるから、新聞が取り上げたのではないか…?
 辛い日々を過ごしている方々も、もうちょっと頑張らないといけないのはいつの時代も、なのでしょうね…。
スポンサーサイト

差出人名:私はあなたのもの

 久々の迷惑メールネタです。
最近よく来るのが、名前:私はあなたのもの、件名:写メもTELもできるよ ってやつ。
あ~、うぜぇ。
おめぇなんか俺のものになってほしかねぇよ!と思いつつ毎回消去。
ちなみに以下が毎度同じの本文。(URLには絶対アクセスしないように!)


※携帯から女性相手に直メールOK♪

⇒プロフィールにアドレス公開中女性68%
http://tupra.com/fbb/?me=RG4N2B688bH4L86Ls5H6H888hr67HvHdG6g3H6eBQhah3D2J7784
※会う前に写真と生声で確認OK♪

⇒写真・Tel番完全公開
http://tupra.com/fbb/?me=RG4N2B688bH4L86Ls5H6H888hr67HvHdG6g3H6eBQhah3D2J7784
完全無料だから、女性のPFを見るだけでも充分満足ですよ~♪

◆女性アドレス見放題特典◆も貴方のものにして下さい。
http://tupra.com/fbb/?me=RG4N2B688bH4L86Ls5H6H888hr67HvHdG6g3H6eBQhah3D2J7784
手続きは登録だけで[完了]




配信拒否はこちら
noneed@reject.tupra.com


と、いうもの。
くれぐれも、URLをコピーしてアクセスしないように!
皆様、引き続き迷惑メールをまともに取り扱わないようにして下さい。

東京ドーム エキサイティング・シートで観戦

 本日は土曜にもかかわらず朝6:00起きして、朝から届け物の仕事をした。
なので眠い。
いつもなら、9:30過ぎに布団を出て、10:00~10:30にパソコン立ち上げて、1日が始まる。
(このあたり、フリーランスの特権か…?)


 で、今日はその足で東京ドームへ行き、先週に続いてプロ野球オープン戦デーゲームを観に行った。
 前回のスレッドで書きましたが、本来は「天気の良い日に長時間、日向ぼっこをしながらビールを飲む」のに退屈しないためにデーゲームの野球を観るのが私の主たる理由。
なので、ドーム型球場はあまり行かないのですが、今日はヤフオクで東京ドームのエキサイトシートをゲット!…エキサイトシートと言うのは、グラウンド内に特設された座席で、いわゆる内野席最前列にあるネットより前に設けられた席種のことです。


 仕事を終え、11時くらいには東京ドームのある後楽園に着いたので軽く腹ごしらえをして、ドーム前にあるビア・ガーデンでまず1杯。
 天気が良いので、直射日光が暑い!
1時間ほどかけてゆっくりとビールを飲んでいたが顔はちょっと日焼けしました。
 余談ですが、ここのビアガーデンを根城にしていると思える黒トラ模様の猫が二匹いて、ここに来る客が食べ物をくれたりするのだろう。
各客の横のテーブルに来ては、物欲しそうな顔で媚を売ってる。(笑)
でも、私のようにビールだけで食べ物を持っていない客はわかるのか近寄らない。(苦笑)
そんなニャンコがこちら!…残念ながら決して可愛くはない。
野良“Beer”猫



 そしてドーム内に。
 あ、今日は「北海道日本ハム ファイターズvs中日ドラゴンズ」です。
久々に内野自由席の通路を降りた。
降りていく時、「なんか塗り替えたのかちょっと綺麗になったかな?」と思い、通路の先まで確認して降りていったが、丁度、先発メンバーを発表していたタイミングなのでボードを見つつ歩いたら、いきなり「ドターーーン!!」転びました…。
見たら、確認した段差に混じりイレギュラーのサイズの段があり、それを踏み外した。
最初確認したときには小さいイレギュラーの段ゆえ、隠れて見えなかったのでした。
あー、痛ぇ。
あー、カッコわる。


 そしてエキサイトシートに着くと、イスの上にヘルッメットとグラブがある。
そう、ネットの前に座るので打球が直撃する可能性がある。
自己防御のためです。
ヘルメットとグラブ

 このエリア、2列しか無いのだが、何故か1列目はイスの座部と背もたれにクッションが施されているが、私の座った2列目はプラスティックのイスで、小学校のときにしたような薄い座布団のようなものが紐でくくられていた。
何だ?この差別は?!
 実際に座ると、コンサートでアリーナに何度来たことがあるからか、意外にも感動はない。
ただ、球団のマスコットのB.Bが目の前でサインをしてたりするのを見ると、やはり近い距離を感じる。
ブリスキー・ザ・ベアー(通称B・B(ビー・ビー))

 で、自分の席から見たバッターボックス方面。
画像ではわからないと思いますが川上憲伸vs森本稀哲です。
川上憲伸vs森本稀哲

そして下の画像が外野方面。
外野席方面



 やはりネットが無いとかなり観やすいです!
ゲームは終盤までファイターズが4対0でこのまま終わるかと思っていたら9回に眠気が襲い、ウトウトしてると突然に嬌声が!
ふと見ると、それまで1点も挙げられなかったドラゴンズが一気に3点と追い上げていた。
でも、眠い…。


 一番前のエリアで「得した感」は確かにあるが、逆に面倒なことも…。
まず、男性トイレまで遠い!
ビール売りは来ない。
 ん~、痛し痒しと言うのか。
私のように邪まな野球観戦者には微妙な感じ??の席でした。


ps)以前、デーゲームを観に千葉マリンスタジアムによく行ってたころ、彼が出ていると客席が盛り上がった…その男、黒木<ジョニー>知宏投手が昨年で現役引退し、今日セレモニーで投げたそうです。
お疲れ様でした!

野球観戦~ビアガーデン~一人きりの戦い

 今日、東京で今年初めてのプロ野球のオープン戦が行なわれた。
明治神宮球場での東京ヤクルトスワローズvs埼玉西武ライオンズだ。
このオフシーズンに同球場はかなり大がかりなメンテナンスが行なわれていたようで、人工芝、スクリーンボード、内野席の一部が昨年までと変わっていた。


 野球は好きではあるが、贔屓のチームがあるわけでもなく、野球自体に詳しいわけでもない。
 しかしながら、ここ何年間も必ず毎年野球は年10回近くは直接球場に足を運び観戦する。
もともとは何年か前のよく晴れた休日に、あまりに天気が良いので「ひなたぼっこをしながら、ビールが飲みたい」と思い、一番健康的で自分にとって楽しそうなシチュエーションで飲むなら?と考えた結果がプロ野球のデーゲームを見ながらビールを飲む!というもの。
夏前の天気がいい日は半裸でグビグビとビールを飲みながら、目の前の野球を見ていれば長時間退屈しないでいられる。
だから、好きなチームなどなくても構わない。
酒も強くないので、眠くなったら寝る。
ただ「ひなたぼっこ」もあるのでドーム球場はNG。
(とは言え、たまにはドームのデーゲームも行きますが…来週はそれ。東京ドーム行きます。)
 最初は、東京近郊ではロッテ戦しかなく千葉マリンスタジアムへ行った。
マリンスタジアムはとても好きなのだが、往復に結構時間・交通費もかかるので、神宮球場での「観戦」&「ひなたぼっこ」&「ビール」が多くなってきている。
 野球場が私のビアガーデンなのです。(笑)


 今日は先に書いたようにヤクルト戦だったが、明治神宮球場は学生野球の本場。
ハンカチ王子の試合は、ほら神宮でしょ。
六大学、東都リーグ、高校野球も年間通してよく使用する球場です。
したがって、昼間の時間帯は学生野球が主で、昼間のヤクルト戦って特にシーズン中はとても希少です。
 なので、神宮で昼間に野球を見る時は大学野球が多い。
 大学野球だと、こちらも選手も知らないし、やはりプロに比べると小じんまりした野球にもなりがちになるし、プロ野球に比べると退屈しそうになる場合もある。
しかし面白いもので、そんな時は応援団の方が目を引く時も多々ある。
炎天下、長く黒い学ランを着て声の限りに応援する者。
どんなことがあっても決して笑顔を崩さぬに激しく踊るチア。
かならずしも上手いとは言えない、また少ない人数であっても音を鳴らし続けるブラスバンド。
時に、野球以上にこちらの胸を打つこともあった。


 今でも覚えているのが、2005年5月3日の東洋大学の試合。
通常、応援団部は何人もいて、メインで応援する人物は2人くらいで交互にやっているように見受けられるのだが、この日はたった一人の応援団部員だった。
彼以外、応援団部員が来ていなかった。(チアガールたちはいたが)
 一人の青年(私の中学の同級生に似ていた…そもそもはそう思って目に留まったのだが)がずっと応援し続けていた。
離れたところに座っていたのでよく聞えなかったが、「一人でも俺は負けないぞーっ!」みたいなことを叫んでいたような気がする。
彼は最後まで明るく頑張って応援していた。
 野球のマウンドやバッターボックスとは違うところで、たった一人で、相手のチーム、相手の応援、自分のチーム、母校の応援に来た者たち、そして自分自身と、戦っていた若者がいた。
自分より20歳以上は年下だと思うあの青年に、あの日「喝」を入れらた気がした。

確定申告

 昨日の話ですが、確定申告に行きました。


 恥ずかしながら、税金とか保険とか金融とか「金」と「お役所」的な分野は全く解らない。
3年ほど前に一度確定申告の経験はあったが、家族にそっちの話に多少明るい者がいたので、頼んで一緒に来てもらったほど。
 今回は平成19年の6月までが会社員、10月末からフリーで仕事がはじまった。
もうすでに手続きが面倒臭そうだと弱気になる。
 まずは、今の仕事には個人事業主としての申告が必要だった。
その申請を先週した。
ついでに税務相談所に行って一から教えてもらったところ、
昨年10月から始まった現在のフリーの仕事だが、申請をしたところ「青色申告」として平成19年度のフリー分の仕事は認められず今回の申告は白色申告になる。
(提出したタイミングが遅かった。~個人事業主としてスタートしてから2ヶ月以内にその届出を出さないと青色申告の対象にならないそうだ。そんなの聞いてねぇけど。苦笑)
住宅控除がデカいので、税源移譲となった地方税からの還付が可能ということで、その書類をもらい、手続きの仕方を教わった。
しかし、こちらの理解が間違っていたのかもしれないが、私の立場からしたら「嘘」を教えられていた…。
そのために後日、役所に無駄足も運んだ。
こういう事があると、ついお役所仕事を信用していいか疑問に思う。


 で、昨日の確定申告。
今は、役所(正確には税務署)もずいぶん丁寧に教えてくれて、且つこちらの必要書類も解らないところへはどんどん書き込んでくれた。
e-taxへの方法も親切に教えてくれた。
難なく終了!
 でも、先述の住民税からの住宅控除というイレギュラーな書類を出し忘れて、再度尋ねたら、たらいまわしに待ちぼうけ。。。
やはり、役所仕事を信じてはいけない!(苦笑)


 さて、これからは来年の確定申告用に日々、青色用の帳簿をつけないとならないが、これも先述の嘘を教わったところの説明を受けたが不安なので(笑)近日、青色申告会にでも行って教わらないとな。。。
 

判明?!昔の海外アニメ万歳!

 かなり個人的に盛り上がっている昔の海外アニメですが、意外と興味のある方もいらっしゃるようですね。
 まずは「幽霊城のドボチョン一家~昔の海外アニメ万歳!」のスレッドにコメントいただきましたブラック大尉!さま、ご協力ありがとうございました!!
 ブラック大尉!さまのご協力や自分でも調べたのですが、幾つか判明(確定的とは言えませんが)したものがあるのでそれらを再掲してみます。


「ピーボディ博士」
思い出せない…①
ブラック大尉!さま、教えていただきありがとうございました。


「リッピー、ハーディ珍道中」
あ~思い出せない。。。(笑おうとするとアゴがはずれそうと言うブルーなハイエナがいい味!「いやんなっちゃうちゃうちゃうちゃう…」がお約束のセリフ!)
こちらは「ローレルとハーディ」というコメントをいただきましたが、邦題ではリッピーになっていたようですね…?


「ほえよ!0011(ゼロゼロワンワン)」
ん~思い出せない。。。



「宇宙パトロール」
宇宙ライダー
これは人によってかなり記憶が違うタイトルのようです。
先述の「宇宙ライダー」、「スーパーキャット」以外に「キャプテン・ブリーブ」という説も…。


 まだはっきりしていないのもあるので、ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さいませ。
最後に、今回のタイトル等を調べるにあたり、お世話になったサイトをご紹介いたします。
「昭和37年ブログ」
「AmericanTV」
「私的 昭和テレビ大全集」
上記の各サイト様は右下の「リンク欄」に入れさせていただきましたので、ご興味のある方はぜひ覗いてみてください。




プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。