迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年の最後に その2(悪くないなら頭を下げない!いや、もっと下げよう!?)

 誰に言うでもなくはじめたこのブログ。
「痔ろう」やら「失業」やらのネガティブなネタにもかかわらずご訪問いただいた方々には、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました!


 さて、年の最後にあとひとつだけ記そうと思ったことがあります。
今年は多かった忘年会。
その中で聞いた、自分としては目からウロコと言うか考え方でポジティヴになれるんだ、というエピソードをひとつ。


 ニュースや新聞でも本当に「お詫び」をよく目にしました。
もちろん、失敗、失態、自分側に非があるのなら、対面を考えてないで即座に謝るのが美しく正しい行為と思います。
しかしながら、多くの人ができない。
特に肩書きが上の連中は。
 それに較べて多くの現場でもがいている人々は、自分が悪くないのに頭を下げる場面、また理不尽な要求に「何で謝んなきゃ、いけねぇんだよっ!」と心で思いながら頭を下げる、などという腑に落ちない「お詫び」の場面に出くわしませんか?
そんな時は本当に腹立たしいし、悔しいですよね。
 それが、とある人と飲んだときにその人が言った言葉が次の通りです。
「自分が悪くないのに頭を下げると思うと頭なんて下げられないでしょ。そういう時は“頭を下げている”のではなく“ケツを上げてやってる”と思ったら楽ですよー。ケツ上げるんですから、本当に謝る時より、ずっと頭が下に下がりますよ(=ケツが最大限、上に上がる!)!!」
 ん~、すごい!
気分的にだいぶ違うなぁ、これだと。
来年は、理不尽にも余裕で対応できるかも??
皆様も一度お試し下さいませ。(笑)


 さて、2007年は皆様にとっていかがでしたか?
私は思いもしない年でした。
来年はお互いに良い年でいたいですね。
どうか、皆様にとって素晴らしい2008年でありますように。
良いお年をお迎え下さい!



スポンサーサイト

2007年の最後に その1(耳穴産毛剃り)

 いよいよ、2007年も最後です。
今年は自分にとって大きな変換の年になりました。
それがゆえ、このブログもはじめたのですが。


 さて、2007年12月31日は、散髪に行きました。
もともと、不精なこともあり髪を切るの1年に1~2回という人です。
(いや。髪はきちんとあるんですよ。念のため)
 つまり5月に超短髪にしてあとは伸ばしっぱなし。
ただ、12月ごろに髪がただ伸びてしまっただけになるので、一応揃える程度に切るというのがここ何年か続いてるかな?


 そんなわけで、今日は近所のヘアサロンでなく、電車で片道40分近くかけて髪を切りに行きました。
 正確に言うと、耳の穴の中にある産毛を剃るついでに髪を切ったというか…。
前に「耳毛剃り機」や「穴刀」という日本古来からの耳毛剃りの刀の事をこのブログで書いたのですが、今回、ネット検索で都内で穴刀を仕使用するヘアサロンを探して行きました!
 「チャオラ」という、北区王子にあるお店で、初めて他人による耳穴内産毛剃りを体験。
しかし、やはり産毛を全て剃るのは場所が場所だけに難しいらしい。
お店の方曰く「お客さんは、そんなに(剃れる)毛があるほうではない」との事。
あらら…。
ちょっと残念。
 それでも、ほんのちょっとの時間ではあったが、少ない耳の穴の中の毛が剃られる感じは、いい感じですね、なんか達成感(!?)にも似た気分でした。
 このお店は、使用する器具や化粧品(?)の類は客に説明するようで、穴刀を説明しようとした時に、こちらから「穴刀ですよね!」と言うと、かなりびっくりしていました。
ま、そうでしょう。
多くの散髪屋さんでも使用しないものですから。
お店の方は、どうやらお父様も理髪業だったらしく、「父から譲り受けてるもので、もう研ぎすぎて小さくなってますよ。」と言ってそれを見せてくれた。


 ほかに頭皮マッサージでは、頭の油分を吸いだす泥製のパックと言うのを塗ったり、結構丁寧にツボ押しや全体圧迫などをしてくれて、かなり気持ち良かった。


 すっきりして1年を終えるのも良いものだ。
チャオラ:http://www.ciahola.com/index.html


詐欺・悪戯メールは、“しかと”!

 知人等に一切教えていないこのブログ。
ここ数日で一気にアクセス数が増えている。
前回アップ「ここ数日の雑記」に拍手が3つもあり、lunaさんというお方から、「JACCS請求屋から村田という名で(メールが)来ました」とコメントがありました。
どうやら、前述スレッド内に記した㈱JACCSリサーチと名乗った詐欺・悪戯メールが相当多くの方にも届いていて、PC検索で私のブログへお寄りになったものと推測しております。
(皆様も大変ですね…。)


 実際、こういった悪質メール、来た瞬間は焦ると思います。
そりゃ、男ならエロサイトの1度は覗いて見るでしょうし、エロ以外でも怪しいサイトは怪しいほど覗きたくなるのが人情ですからね。
でも、そのくらいで勝手に登録され課金請求なんてありえないですから、普通。
 実は、以前にも一度㈱ファーストリサーチの田村と名乗る奴から今回と同じ文面で届いたことがありました。ほっといたら案の定、何もその後の動きは無かったですよ。


 よくよく考えたら「おかしい」のです。
だって、
1、携帯に来る?…普通、書面か電話です。
  仮に、書面や電話で来ても、至急の催促はないです。
  まして、「はっきり自覚の無い」内容なのであれば。
2、届いたその日が締切日?…相手を焦らせて思考時間を奪おうとしてるんですかね?
  まして、今回は24日で祝日ですよ。
  会社として営業してるわけがないって。
3、送り先は電話番号…普通、社名だろ。
  しかも2件とも携帯電話番号…って会社が督促するのに使うわけがない!
等々、挙げたらキリが無いっす。


 やはり、検索するとこの手のメールには一切かかわらないのがベストというアドバイスですね。
気ぜわしい上、お金が動くこの時期です。
とにかく悪戯メールは焦らず「無視」!
“しかと”が一番です。
皆様お気をつけて残り少ない2008年をお元気でお過ごし下さいませ。

ここ数日の雑記

 2007年12月24日 クリスマスイヴです。
MERRY X’MAS!


 先週はいよいよ忘年会・飲み会が多かったです。
この夏に行なった痔ろう手術も90%ほど治ってきた。
ここで調子に乗って飲み過ぎないようにしないと、と思いつつも、つい飲んでいる。
お尻も、いいようなちょっと悪くなってるような…、なんとも判断のつかない具合…。


 12/20(木)
 知人からの招待で「イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)」に行く。
場所は有明コロシアム。
会場前で待ち合わせにしてあったので、一人で会場へ向かう。
最寄り駅でも俺しか降りない。
会場方面に歩く人も数人。
「え?ホントにあるの?」と不安になる。
 実際会場に18:30頃入るとガラガラ…。
猪木でも、もはやプロレス集客は難しいのかと思うと、寂しく思う。
 最後の試合も収集のつかない結末。
昔なら、暴動が起きたですよ。
せめて、ブーイングの嵐が起きるはずが、最早、茶番や失態さえも見世物として観に来ている猪木信者たちばかりだったようだ。


 12/21(金)
 とあるライター業の方の忘年会。
もう10年以上、毎年恒例になっていると言う。
私は、この4~5年の参加だが、いつも賑わう。
 今年は若干少なかったようだが、一人の個人ライターさんの呼びかけで毎年4~50人は来るのだから氏の慕われようがよくわかる。
 今は自分もフリーの身。
勉強になるところは、勉強させてもらおう。


 12/22(土)
 この夏の失業時に、再就職相談のカウンセラーの方が主宰するセミナーに参加してみた。
セミナーと言っても10名ほどが参加で、異業種交流の場である。
 今回は不動産業者の方が「不動産業界の最近の動き」という題目で語ってくれた。
 話の概要を簡単に述べると、住宅としての不動産は基本的に前向きで良いが、マネーとしてつまり資産運用や資産を増やす目的での不動産はあまりお薦めできないのが現代だと言う。
 また、特に都心部の22年前以降のマンションや二階建て一軒家は耐震問題的に注意なので、中古は要注意です。(やっぱりね)
 マンションは現代では一棟のうち4~5割は企業がファンドや税対策で購入すると言う。
したがって、そこも計算しながら不動産業者も販売するのが常だそうだ。
 不動産は住むためにあるものなんですね、やっぱり。


12/24(月)
 朝からクソメールのプレゼント…。
以下、携帯に来たメールです。

>(株)JACCSリサーチの金城と申します。
>
>貴方が、現在使用されている携帯電話端末・PCより、以前ご登録された総合情報
>サイト(音声サービスを含む)において無料期間中に退会手続きがとられていない
>ために現在、登録料金・延滞料金などが発生しております。
>
>現状、運営サイト様側にて貴方は【長期未納者】という形になっており、これ以
>上放置されますと、貴方の身辺調査後にサイト様側より第三者機関への委託とな
>り【回収専門業者】による料金回収となります。
>
>その際にはご自宅やお勤め先への強制回収となります。
>
>身辺調査前の和解をご希望であれば本日営業時間内に【担当、金城宛】にご連絡
>ください。
>
>この連絡を最終確認とさせていただきます。
>
>(株)JACCSリサーチ
>TEL、0358606246
>営業時間
>平日 10:30~19:30
>担当 金城
 皆さん、詐欺と悪戯にお気をつけ下さいませ。

「痔ろう退院後記」⑮

 ううっ。
今日一日家でソファーマットに座って作業していたら、手術痕が痛む。
なんか皮膚が突っ張るような痛みだ。


 挙句、晩メシ後に下痢…。
排便時は肛門がいつもよりも痛みを感じる。


 ああ、忘年会での飲酒が原因か?風呂に入らない日があるのが原因か?
なんとも不安な年の瀬です…。


 続く。

お楽しみはこれからだ!

 昨日、知人がサポートするライヴへ行った。
地元にこんな小さなライヴハウスがあったんだ!?というところで、入場するのに靴を脱ぐ!?
本来は小劇場として笑いやちょっとした演劇でもやっているのかも知れない。


 歌うのはプロやアマチュアのミュージシャンではなくプロレスラー2名である!
 ドラゴン・キッドという最軽量級のマスクマンで「ドラゴンゲート」という団体で活躍している。
ウルティモ・ドラゴンという世界的に有名な日本のレスラーのコスチュームと似たものを着用し、まさに小型ウルティモ・ドラゴンという動きの素早い空中殺法の使い手である。
 そしてハヤブサ。
この選手は大仁田厚が作った団体「FMW」で大仁田引退試合で相手を務め、その後この団体をまかされる事になる。
しかし試合中のちょっとしたミスで全身不随(!)になるも時間をかけてようやく下半身不随くらいまで回復した選手である。
今は当然試合など出来ないので、最近はこっそりシンガーソングライターや講演活動も行い、平井堅のプロモーション・ビデオにも出演したりしている。


 前者のドラゴンキッドが今年デビュー10周年で、仲の良いハヤブサ選手にお祝いに曲を書いてくれとお願いした話が盛り上がり、2人でタッグチーム、もといユニットを組んでCDまで出し、全国ツアーのライヴ活動までしたと言う。


 そんなステージで最後にハヤブサ選手が、応援してくれるレスラー仲間や家族、友人、ファンの声援を6年も受け、やっと車イスで生活できるところまで来た。しかし、リングにもう一度上がって試合をするためにまだまだ頑張ると言う。
 実際、復帰可能なのかは私の目からは疑問にも思うし、現在39歳だという。
年齢的にも、現役時代の初代タイガーマスク以上に飛んだあの動きは無理だとも思う。
でも、本人は諦めていない。
先日も小橋健太選手が腎臓癌のため、腎臓を摘出してまたリングに復帰もしたばかりだ。
闘う事をエンターテインメント化して見せるプロレスラーも、己れとはガチンコで闘っていた。


 そしてこの公演の最後も、リングでの彼の決めゼリフ「お楽しみはこれからだ!」と平気で言い放った。
自分には、この先にまだ楽しみがあるのだろうか?
そして、そこへ向かって頑張れたら…。



女子高生言葉??

 まずは、Mizuo様。
11月26日記述の「勇気」へのコメントありがとうございます。
拙い内容と幼稚な文にお褒めの言葉をいただき恐縮しております。
コッソットさんの次の来日時は彼女の歌声を聴きたいと思います。


 今日、ここんとこ録り貯めていたTV録画ビデオを見ようと、先日NHKのBSで放送された加山雄三の若大将シリーズのうちの第1作目「大学の若大将」を見た。
1961年作品だそうだが、意外と現代に通じるラフさというか軟派なやりとりもあって、古臭ささを思ったほど感じなかった。
私自身1963年生まれなので、この映画が公開された時は、生を受けていない。
 そんな中、ほぼ最後の方で驚くべきセリフが登場した!
それは、若大将に好意を寄せる女性たちが登場し、「若大将は今MMKなの。」というではないか。
今年の流行語大賞候補にもなった女子高生言葉の「KY」=空気読めない、というあれと同じ使い方である。
ちなみに、そのセリフを受けもう一人が「何?それ!」と尋ねると「もてて、もてて、困ってる」と説明。
いや~、50年近く前にもうこんなやり取りが20代の若者にあったなんて、トリビア的驚きでした!!

「痔ろう退院後記」⑭

 痔ろうの手術後、実は「飲酒」と「運動」を自粛していた。
それまで酒は、ほぼ毎日、寝る前に焼酎の水割りを2杯ほど飲んでいた。
 ところが昨日から今日にかけて(いつものように日付が変わっているので、正式には7日~8日にかけて)、一気に朝まで飲んだ!
 この季節、そう忘年会がいよいよスタートこれから毎週金曜日は忘年会が入っている!
 酒は、仕事先で自分の歓迎会で1杯、先日、仕事でのイベント打ち上げの席で1杯と、全く飲んでいないというのは嘘になるが、毎日飲んでいた者としては、飲んでないに等しい。
 そして、忘年会ではビールを2~3杯、カクテル系を5杯ほど飲んだ。


 で、今日(8日)のケツの様子はというと「良好」である!
特に痛みも無い。
この調子なら、今後の忘年会も飲酒自体は問題なさそうである。
とは言え、羽目を外さないようにしないとな。


 しかし夜、下痢気味な排便が…。


 続く。

「痔ろう退院後記」⑬

 痔ろうネタも今や久しぶりになってしまった。
おかげさまで11月後半からは傷口も一応であるが塞がった感じになっている。
 まだ、肛門後部の特に大きく切られた部分は薄い皮で覆われているので触るとまだうっすらと痛みを感じる。
面白いのは「屁」をこいてもうっすら痛い。
放屁の振動で痛くなるのだろうか。
 それとおならに関しての話で言うと、手術前は無音の屁しかしなかったが、手術後は音を出す屁しか出ない!
ん~、びっくり。
やはり、肛門の何かが変わったのか??
もっとも、軟膏を塗ってあるのでそれが作用している事も十分にあるとは思うが、軟膏を塗ってない時でもやはり音がしている。
 

 これまで軟膏は必ず1日2回午前と夜の風呂上りに塗ってきた。
(脱糞後も必ず塗ってきました)
しかしこの昨夜から今日にかけては、初めて塗らずに過ごした。
 理由としては、大分良くなったので様子見もあるが、何より塗ったあと必ずガーゼをテープで止めてきた痕が痛痒く限界であった。
わりときれいな「しりっぺた」だと自負しているが(笑)、もうテープの痕が傷だらけである…。
 加齢とともに感想肌になってきているので、この寒さで乾燥肌のかゆみも相まってきたようだった。
 軟膏だけ塗ってガーゼをしないという事も考えたが、やはりそれでパンツが汚れるのも嫌なのでとりあえずのトライ。


 今日~明日はうっすらと軟膏だけを塗って過ごしてみよう。


 続く。

御礼!

 モモさん、コメントありがとうございます!
風邪、早く直してください。
私は鼻風邪です…。


 さて、この緩~いブログも500HITです!
ありがとうございます!!
多くの方のブログは「500なんて数字カウントのうちに入んない」ほど、多くの方が訪れると思います。
 ただ、知人など身近な人に何も教えずにやっているので、その中で500もカウンターが動いたなんて結構「感動」です!!
 尻や仕事が上手くいかない話でこんなに訪れていただいているのも不思議なくらいです。


 今後もマイペースなブログかと思いますが、よろしくお願い致します。
ありがとうございます!


 

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。