迷って、悩んで、でも笑ったりもして…。
それは2007年・夏から。四十路半ばにして、失業、手術~入院(しかも痔!)という 「踏んだり蹴ったり」、「弱り目に祟り目」な不運を経験。それ以降、日々日常の中で、時に前向き、時に自棄な出来事たちを紹介しています…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「痔ろう退院後記」⑱~退院から1年<最終回>

 お!考えたら「痔ろう入院」で退院してちょうど1年経ったんだ~!!
長かったような、早かったような、不思議な気がする。
去年の今頃は地獄の日々だったなぁ。
排便が怖くて仕方なかった。


 今は、もうすっかり良くなった。
今、久しぶりに自分の肛門を見たが(苦笑)切開箇所もほぼ元の通り。
実際には若干皮膚の色と質が違うけれど。


 自分の場合、完治と言えるのに9ヶ月くらいだったかな?という印象です。
1年経つともう99.9999…%元通りですね。
しかしながら、最近は軟便が続いているので注意しないと!


 そんな感じですので、「痔ろう」ネタはひとまずこれにておしまいにします。
また、何かあれば(あってほしくないですが…)アップしたいと思います。
痔ろうで縁のあった方々、みなさまに改めて御礼申し上げます!
そして、これ以降でも痔ろうで何か私にご質問がございましたら、いつでもコメント下さい。
私で少しでもお役に立つなら喜んでお答えいたいますので。


(完)
※ブログはまだ続けていきますんで…。(笑)
 
スポンサーサイト

「痔ろう退院後記」⑰~思えば退院して8ヶ月

 2月22日以来の痔ろう経過報告。
昨年の8月末~9月初旬に痔ろうの手術・入院をした。
思えば退院して8ヶ月が過ぎた。

 私の場合、悪化する前の除去手術だったが、その除去がレーザーメスで肛門後部の割れ目の表面部を切開して中の腫瘍を取る形でした。
 術後、その切開の傷痕がくっついても表面の皮膚が薄く突っ張るような痛みがかなり続いた。
なので、用を足した後もトイレットペーパーで拭く時は強く拭かずに押さえるように拭き、その分ウォシュレットを術前よりは長時間使用していました。


 ところが、この1週間くらい気づいていたのだが、術前のように用を足した後は拭いている。
もう、以前と同じように暮らせている!
 患部は、先に書いたような痛みというか違和感は、直接押したり伸ばしたりすると感じるが、まあ何の問題もない。
ただ、尻を見ると、患部はまだ浅黒いような色の皮膚だし、術後に毎日封筒大ほどのガーゼを止めるために尻っぺたに貼ったテープの後も多少だが痣のように残っていた。


 術後1年くらいで、もう前と寸分変わらないに等しい状態に戻るのかな?
いやぁ、1年なんてあっと言う間に過ぎ行く気がしていたが、痔ろう術後の1年って言うのは長く感じます。


 続く。

「痔ろう退院後記」⑯~あれから半年経ちました。

 痔ろうネタ…久々に書きます。
昨年の12/16にちょろっと書いてから、このネタ取り上げてませんでした。
取り上げなかったのはぶっちゃけ特筆すべき事がなかったから…。


 思えばこのブログをはじめるにあたって、幾つかの動機があってはじめたのだが、そのうちのひとつが「痔ろう手術」!
 まさか自分の人生に「痔ろう」が現れるなんて思いもしなかった。
しかも!人生「初手術」と「初入院」が痔ろうなのも想像しなかった。


 昨年の8月に手術してから半年が経ちました。
もちろん、術後に比べれば良くなりました。
でも、まだなんです。
完全に元通りに戻ったかというと、まだそこまでいってません。
 私の場合、肛門後部にできた痔ろうをレーザーメスで切開し、そのまま切り取った感じです。
(その1ヶ月後くらいの患部画像は「痔ろう退院後記⑤」2007年10/1アップにあります。
興味と勇気のある方はチェックしてみて下さい。)
 今も、12月6日アップの「痔ろう退院後記⑬」に書いたのとさほど変わらず。
表面皮膚がくっついてはいるが、何か「ピリッ」とした痛みが残っているのと、特に深く切り取った部分だけは黒ずんだ皮膚になっている。


 通常の生活に特別困ることは何も無いが、落ち着かないのも事実。
何故なら、たまに違和感というかさほど痛くない程度の「痛み」(前述の「ピリッ」とした痛み)を感じると、気の小さい私は、プチ・ブルーが入るのです…。
 なので多少痛みが気になる時は、以前貰った強力ポステリザン軟膏というのをちょびっとづつ塗って凌いでいる。


 元通りになるにはまだまだ時間がかかるのか?それとも、現状が最終地点なのか?
やはり厄介ですよ、「痔ろう」は!


 続く。


「痔ろう退院後記」⑮

 ううっ。
今日一日家でソファーマットに座って作業していたら、手術痕が痛む。
なんか皮膚が突っ張るような痛みだ。


 挙句、晩メシ後に下痢…。
排便時は肛門がいつもよりも痛みを感じる。


 ああ、忘年会での飲酒が原因か?風呂に入らない日があるのが原因か?
なんとも不安な年の瀬です…。


 続く。

「痔ろう退院後記」⑭

 痔ろうの手術後、実は「飲酒」と「運動」を自粛していた。
それまで酒は、ほぼ毎日、寝る前に焼酎の水割りを2杯ほど飲んでいた。
 ところが昨日から今日にかけて(いつものように日付が変わっているので、正式には7日~8日にかけて)、一気に朝まで飲んだ!
 この季節、そう忘年会がいよいよスタートこれから毎週金曜日は忘年会が入っている!
 酒は、仕事先で自分の歓迎会で1杯、先日、仕事でのイベント打ち上げの席で1杯と、全く飲んでいないというのは嘘になるが、毎日飲んでいた者としては、飲んでないに等しい。
 そして、忘年会ではビールを2~3杯、カクテル系を5杯ほど飲んだ。


 で、今日(8日)のケツの様子はというと「良好」である!
特に痛みも無い。
この調子なら、今後の忘年会も飲酒自体は問題なさそうである。
とは言え、羽目を外さないようにしないとな。


 しかし夜、下痢気味な排便が…。


 続く。

プロフィール

さむがい

Author:さむがい
四十路半ばにして大変です…。
現状を打開できるのか?押しつぶされるか?
不器用で小心者ながら、明るく努めたい東京在住の求職活動者。
(現在はフリーランスが数人集まっての起業で仕事再開中。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。